[チャキンシボリ]

茶きん絞り

ふきんで絞って茶きんの形にする

ふきんで絞って茶きんの形にする

ペーストのような状態にした材料を、ふきんで包み、口を絞って丸く形づくった、菓子や料理のこと。

材料には、いも類やかぼちゃ、豆、栗、ゆり根などを加熱したものを使うことが多く、これらの材料を、だんごのようにまとめて、ぬらしてかたく絞ったふきんで包み、口を絞って形づくる。

ふきんの代わりに、ラップを使用することも可能。

【茶きん絞り】に関連する料理用語

料理用語事典へ戻る