食欲爆発の子どもたちも満足。食べ応え抜群のボリューミーきんぴら

#やってみた 

どうも皆様こんにちは!
寒さもだんだんと増してまいりましたが
いかがおすごしでしょうか。

秋といえばそう。【食欲の秋】。
子ども達の食欲もより一層勢いが増して
(いや…秋に限ったことじゃないわ。年中やわ。)
常に空腹を訴えているわけですが、

作り手である母は日々の疲れを引きずったまま
献立を考えながら思考停止なんてこともしばしばで
(いや…これも秋に限ったことじゃないわ。年中やわ。)

メインは思いついたけどあと一品!って時に
思い浮かばないのが【副菜】なんですが、
そんな時はササッと炒めるだけの【きんぴら】が
楽で手っとり早い!

レタスクラブ10・11月号にはそんな
【きんぴらレパートリー】が色々載ってたので
『へ~!こんな組み合わせ!』と思ったものを
作ってみました!

ソーセージとかぼちゃの塩バターきんぴら


〔材料2人分〕
ウインナソーセージ  5本
かぼちゃ       150g
ごま油 酒 塩 バター

〔作り方〕
①かぼちゃはところどころ皮をむき、長さを2~3等分に切って縦7~8mm幅に切る。ソーセージは3~4等分の斜め切りにする。

②フライパンにごま油小さじ2を中火で熱し、①を入れて軽く焼き色がつくまで炒める。酒大さじ2を加えてふたをし、弱めの中火で約2分30秒蒸し焼きにする。

③ふたを取って中火にし、汁けがなくなるまで炒める。塩小さじ1/4、バター小さじ2を加え、全体にからめる。


食べごたえのあるボリュームきんぴら!
バターのコクで味に深みが出て
美味しい~!

私の中では意外な組み合わせだったんですが
子ども達には大好評!
メインが魚の時に(子ども達は圧倒的肉派(笑))
この副菜を出すととても喜ばれます(笑)

ササッと炒めるだけの【きんぴら】。
他にも色んなレシピがあったので
思考が停止したときに今後も頼ろうと思いま~す!

作=ホリカン


この記事に共感したら

ホリカン

ホリカン

アメブロ公式トップブロガー。女1人、男4人。合計5人の母。嫁力、... もっと見る

Information

■出典:『レタスクラブ』’20 10月11月合併号「副菜で「思考停止」したらきんぴらに頼る!」



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’20 11月増刊号』情報はこちらから▼

実は「煮る」が一番ラクでした/洗いものが減らせるまな板いらずのおかず/コク甘、ほろ苦簡単!キャラメルスイーツ/【特別付録】SNOOPYカレンダー2021/【とじこみ付録】体を強くする大根レシピBOOK


おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧