差し込むだけでちゃんと密封!しけらない!【キャンドゥ】「スライドジッパー」

#やってみた 

100均で必ず見かけるといっても過言ではない、ド定番アイテム「袋止めクリップ」。1度開封した袋も、密封してくれる便利な商品ですよね。でも、いつの間にか紛失したり、使っていないときに、収納するのに場所を取ったり、ごちゃごちゃになっちゃうところが悩みどころ。

そんな悩みを解決してくれるアイテムキャンドゥにあり、前から気になっていました!
それが袋止めクリップの進化系「スライドジッパー」なんです。

【キャンドゥ】「スライドジッパー」はスリムで使いやすい

・「スライドジッパー」100円/1袋2個入(税抜き)
<材質>ポリプロピレン
<耐熱・耐冷温度>120℃、-20℃
<サイズ>
・スライドジッパー(20cmまで対応)
・スライドジッパーM(16cmまで対応)
・スライドジッパーS(11cmまで対応)

【画像】1袋に2本入「スライドジッパー」は3種類で販売中!

「スライドジッパー」は、コーヒーやお菓子などの開封済み袋を密封してくれる便利アイテム。
私はキャンドゥで購入しましたが、さまざまな100円ショップで取り扱いがあるようです。

袋幅が20cmまで対応の「スライドジッパー」に、16cmまで対応のMサイズと、11cmまで対応のSサイズの3種類が販売されています。

それぞれ、1袋に2本ずつ入っています。


今回は、真ん中のサイズ「スライドジッパーM」を購入してみました。

袋の厚みは0.06mmから0.2mmのものに対応しています。
ジッパーの筒部分より、短い袋幅の袋に使用することが可能です。

「スライドジッパーM」の使用方法

使い方は簡単!スライドするだけで簡単密封

早速パッケージの裏の使用方法を確認して使ってみました。

差し込むだけであっという間に袋が閉じられる!なんて最高


「スライドジッパー」という名前の通り、スライドするだけでOK。
筒部分と黒い棒に分かれます。
すき間のあるほうを下にして、筒部分に袋を挟み込んでいきます。

開封済みの袋を折りたたむだけ!あとは「スライドジッパー」を移動させます

使い方はとっても簡単。開封されている袋の先を、折りたたみます。
折り曲げた袋の端から、「スライドジッパー」を差し込みます。

そして、黒い棒をすすす~っと移動させるだけ。

食べかけお菓子の袋だって、見た目もすっきり!

ジッパーの筒部分が、袋より長く出れば完了。
外すときは、逆方向にスライドすれば簡単に外せます。

袋止めクリップとの違い

従来のクリップもいいのだけれど…

これまで開封したものには、よく見かける袋止めクリップを使っていました。
しかし、大きさが合わなかったり、私のようなズボラ主婦は袋の止め方が雑になり、隙間があいてしまうことも。

適当に折った袋をそのまま止めるので、賞味期限などが隠れてしまうことも多く、気がついたら賞味期限切れがすぎることもしばしばありました。

賞味期限を隠さずに袋が閉じられる!

「スライドジッパー」は、袋を1回折りたたむだけで良いので、パッケージなどの文字があまり隠れないんですよね。だから賞味期限が上に印字されていても隠れにくいんです。

しかももともとジッパー付きの袋に入っている物と同じようにしまえるので、見た目もすっきり。
気持ち良く収納できます。

完全密封は不可!でも家庭用なら充分使える

注意文のとおり、完全密封には適さないようですが、お菓子の袋止めや使いかけのパスタなどを密封するには、これで充分だと思いました。

収納場所を決めて紛失防止!スリムだから場所を取らない

従来のものと違って、お箸のようにスリムなので収納スペースを取りません。

引き出しに入れるカトラリーケースを使ったら、ごちゃつきも気にならなくなりました。今回購入した「スライドジッパーM」は、100均のカトラリーケースにちょうど良いサイズだったのも嬉しいポイント。(でも念のため、カトラリーケースのサイズを確認してみてくださいね)

ペン立てのように、立てて収納するのもおすすめです♪

これを機に、袋止めクリップを「スライドジッパー」に入れ替えたら、さらにすっきりするかも!

文=moco

この記事に共感したら

moco

moco

神奈川出身のライターって名乗りたい主婦。3歳の娘と、おかし作りや... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧