レトルトの中身を残さず出せる!【キャンドゥ】「レトルト絞り&カッター」

#やってみた 

夫のテレワークによって、家族全員分の食事を作る回数が激増している我が家。
当然メニューのレパートリーはすぐに底をつき、とにかく一食でも楽に済ませられないか…と頭の中はそれでいっぱい。

そんな時、救世主として頻繁に登場するようになったのがレトルト商品。
レトルトカレーをごはんにかけるだけ、ソースをパスタにかけるだけ!
あっという間に食事の用意ができるのは本当に助かります。

ただ、私が不器用だったり、子どもに急かされて焦っていることが多かったりで、レトルトの袋が最後までうまく切れない!具材が最後まできれいに出しきれない!という場面がよくあり、毎回もやもやしていました。

地味な悩みだけれど、解消したらちょっとスッキリするかも!
そんな時、まさに悩みを解決できるアイデア商品がキャンドゥにあったんです。

!【キャンドゥ】「レトルト絞り&カッター」

「レトルト絞り&カッター」100円/1個(税抜き)
<縦21.3×横3.1×厚さ2.0cm>

レトルト袋やお菓子の袋を挟んで横にスライドするだけで簡単に開封が可能

先端内部にカッターの刃が配置されており、レトルト袋やお菓子の袋を挟んで横にスライドするだけで簡単に開封が可能です。
※刃が鋭利なので、取り扱いには十分注意が必要です。
 対象年齢は明記されていませんが、小さな子供の手の届かないところに保管してください

マグネット付きなので、冷蔵庫などに貼り付けて片付けられるのもポイント!

レトルト商品などは、開封後の袋を本体に挟み込んで押し出すことで、中身をきれいに絞り出すことができる

レトルト商品などは、開封後の袋を本体に挟み込んで押し出すことで、中身をきれいに絞り出すことができるんです。

今回はレトルトのパスタソースや鍋つゆの素、お菓子の袋で使用感をチェックしてみました。

まずはパスタソース。

「レトルト絞り&カッター」で袋の端を挟み、指で押さえながらスッと横にスライド

「レトルト絞り&カッター」で袋の端を挟み、指で押さえながらスッと横にスライド。
力を入れなくても、簡単にすぱっとカットできました!
刃に触れることなくカットできるので、安全に使用できるのも◎

袋がカットできたら、器に中身を出し、本体に袋の底部を挟み込んで中身を押し出すように下げていきます。
この時本体をひねりながら、袋を持つ反対の手で絞り出すようにすると、残りの中身がすっきりと出せます。

あとからスプーンなどで掻き出したり、手で絞り出す二度手間は不要。
本体にソースなどが付着する場合がありますが、さっと丸洗いできるので衛生的です。


次に鍋つゆの素を開封してみます。
普段は手で切ろうとしてつい力を入れすぎて中身をこぼしがち。
早速、レトルト絞り&カッターで切ってみると…

【画像】とにかく切れ味がすごい!軽い力で最後まで気持ちよくカットしてくれます

とにかく切れ味がすごい!軽い力で最後まで気持ちよくカットしてくれます


とにかくキレイに切れる!
軽い力で最後まで気持ちよくカットしてくれます。
つゆがたっぷり入ったパッケージもぐらつくことがないので、こぼれる心配無用。


最後はお菓子の袋でやってみました!
パッケージにギザギザがあるので手で縦方向に切ることはできますが、その後クリップなどで留めて保存したい場合は真横に開けたいですよね。

スーっと一瞬できれいに開封できるのは、使っていてとても気持ちいい

スーっと一瞬できれいに開封できるのは、使っていてとても気持ちいい!
この切れ味がわずか100円で買えるのは驚きです。


1つで2通りの機能が備わった、あると便利な「レトルト絞り&カッター」。
レトルトの袋がうまく切れる上に中身もキレイに出し切れて、食事の用意にかかっていたストレスをぐーんと軽くしてくれる商品でした。

文=やんまー

この記事に共感したら

やんまー

やんまー

大阪北摂在住ライター。転勤族なのに収集癖の抜けない夫婦と姉妹の4... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧