これは台所革命!【ダイソー】の「洗えるキッチンタオル」を繰り返し使い倒してみた!

#やってみた 

キッチンに欠かせないキッチンペーパー。調理中の水切りや油切りに使ったり、食器を拭いたり、シンクやガス台の汚れを拭いたり、と使わない日はないほど大活躍しています。
使い捨てなので衛生的なのも気に入っています。

でも、キッチンペーパーってすぐ破れちゃうんですよね。
衛生的な分消費量もハンパなく…。
せめてきれいな食器を拭いたあとは掃除などに使い回せると経済的にも助かるんだけどなぁと思っていたら、ありました!【ダイソー】に。

洗って繰り返し使える、夢のようなキッチンペーパー「洗えるキッチンタオル」

「洗えるキッチンタオル」POP UPタイプ 30枚入り 110円。

台所用品の一角にあった特設コーナーで、どーんと派手に目立っていました。

【画像を見る】なんと! キッチンペーパーが繰り返し2~3回使えるとは!

注目すべきは、「洗って2~3枚程度使えます」という点。まさに私が求めていたアイテムじゃないですか~!

本当に洗って繰り返し使えるなら、キッチンペーパーの大量消費に歯止めがかかるかも!?と試してみることに。

ティッシュのように1枚ずつ引き出すポップアップ式

POP UPタイプなので、使うときはティッシュのように1枚ずつ引き出します。

1枚のサイズは約幅200×長さ240mm。
材質はパルプ、ポリプロピレン。

わが家で普段使っているキッチンペーパーはパルプ100%なので、ポリプロピレンが入っている分、丈夫なのでしょうか。
商品名も「ペーパー」じゃなくて「タオル」となってるのはそのせい???

使用上の注意に「本品は水に溶けません」とある点にも注目です。
パルプ100%のキッチンペーパーは「水に溶けにくい」なので、この微妙な差も気になります。

左が「洗えるキッチンタオル」、右が普段使っているキッチンペーパー

で、使ってみる前に、パルプ100%のキッチンペーパーと比べてみました。
厚さは「洗えるキッチンタオル」(左)のほうが、普段使っているキッチンペーパー(右)に比べてやや薄い気がしますが、質感はしなやかでキッチンペーパーのようにゴワゴワしていません。

ちょっと水をたらしてみたところ、キッチンペーパーはたちまち水がしみ込み触っただけで破れそうですが、「洗えるキッチンタオル」はたらした部分に水がスッと吸い込まれただけで強度には影響なさそう。
吸水力のよさに加え、強度=破れないも期待できそうです~。

では、実際に使ってみましょう。

食器を拭いても破れない!

まずは昼食に使った食器拭きから。しなやかだから拭きやすく、水分もグングン吸収してくれます。

昼食に使った食器が1枚ですべて拭けた!

大小のお皿や器、あわせて5点を拭いても破れませんでした!

水滴が飛び散った作業台を拭き掃除

ビショビショ状態ではないので、そのまま作業台を拭き拭き。

油が飛び散ったガス台もキレイに

まだ全然イケそうなので、水気をちょっと絞ってガス台の汚れも拭き取りました~。

1枚でこんなに使い倒せるだけでも嬉しい驚きですが、「繰り返し使える」の本領はここから!

水に溶けないから、じゃぶじゃぶ洗える!

なんと、水でじゃぶじゃぶ洗って…

ぎゅっと絞って水気を切っても…

ぎゅっと絞っても、

破れてない!

まだ破れないんです!!

干して乾いたら、掃除などに使い回し可能!

なので、干しておいて寝る前にシンクの水滴を拭き上げ、床まで拭いちゃいました。
衛生面を考えると、一度洗ったあとは食器・食卓拭きには使わず、掃除などに回したほうが安心ですね。

1枚を使い倒すなら、食器 or テーブルを拭く → 作業台を拭く → シンクやガス台、あるいは床を拭く、と汚れが少ない作業から始めるのがポイントかと。

ポップアップタイプよりやや大判のロールタイプも便利!

ちなみに、ロールタイプの「洗える!キッチンタオル」60枚入りも220円で販売されています。
約幅275×長さ240mmと、POP UPタイプに比べて大判です。

片手でサッと取り出したいならPOP UPタイプ、ホルダーなどを使ってキッチンに常設?しておきたいならロールタイプ、と使用形態に合わせて選んでもいいですね。

この「洗えるキッチンタオル」を導入してからというもの、キッチンまわりの消耗品支出が減らせたのはもちろん、食器拭きのついでに周囲をササッと掃除する習慣もついたので、キッチンもキレイな状態をキープできているので、一度使ってみては♪

文=カッパスキー

この記事に共感したら

カッパスキー

カッパスキー

掃除や洗濯などの実用記事を中心に手がけるフリーライター。ヲタクな... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧