この枕、実はダニの死骸やフンだらけ…!?恐ろしくなって水洗いしてみました

#やってみた 

今秋、3才の次男が小児喘息と診断されてしまいました。

お医者さんからは特にダニ対策を気をつけてください、とのアドバイスが。

いつもより多く布団を干したり、掃除機がけも回数を増やしましたが、「ダニ対策」って今まで意識してやったことがありません。

これでいいのかな?もっと何かやれないかな?

次男が小児喘息。ダニ対策って言われたけどどうすれば…?


気になったのは、毎晩使う寝具。

枕は皮脂やフケが蓄積されていて、ダニの温床になりがちとのこと!

顔に近いから恐ろしい!

というわけで、今回は枕を重点的にスッキリさせてみようと思います。

(1)枕の両面に掃除機をかけ、水洗いをする


【全画像を見る】ハードルが高そうな枕の洗濯。こうすれば安心!


この方法がダニを減らすのに一番効果的なのだそうです。

ダニのフンや死骸を掃除機で吸い取り、ネットに入れて洗濯機の手洗いコースに任せれば簡単。

(洗濯タグに注意して行ってください)

ちなみに、私の枕はポリエステル。洗濯OKの素材です。

(2)タオルを巻いて、ネットへ入れて脱水


.


枕の洗濯で心配なのは型崩れの問題。

こうしてバスタオルを巻いてから洗濯ネットへ入れれば、型崩れせず、水気も効率よく取り除けます。

知らなかったー!



枕を洗うのって、もっと重労働な印象でした。

意外と短時間で済み、型崩れの心配もないので小まめに洗濯できそうです!

.


綺麗になった枕はやっぱり気持ちいい!

晴れた日の朝イチで洗って干して、夜には乾いていたので、その枕で眠ることができました。

(※枕の素材や大きさによって乾燥時間は変わります)



この洗濯方法で、枕の清潔を保っていこうと思います。

作=ゆむい

この記事に共感したら

ゆむい

ゆむい

イラストレーター。2012年2月生まれ「みつ」、2014年4月生... もっと見る

Information

■出典:ダニの巣窟になりがちな「枕」を清潔にする掃除機&洗濯テク

コミックエッセイ劇場はこちら

 ▼生活がグッと楽しく便利に!“プチリフォーム”のための設備情報はこちら


おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧