魚焼きグリル 基本の掃除法 画像(1/1) 網にくっついた汚れが落ちにくく、ニオイも気になる魚焼きグリル

魚を焼くたびにユーウツになるグリルの掃除。網にくっついた汚れが落ちな~い!とイライラしているなら、ぜひこの方法を試してみて。


魚焼きグリルの掃除方法


●用意するもの:大きめのレジ袋かゴミ袋、重曹、やわらかいスポンジ、古い歯ブラシ

1.大きめのレジ袋やゴミ袋などに40~50℃の湯と重曹を適量入れてかき混ぜます。そこへ網や受け皿などのパーツを10~15分つけ置きします。

2.汚れの緩み具合を見て、まだのようならつけ置き時間を長くしても。緩んでいたら取り出し、網は格子状に切り込みを入れたマンゴーカットスポンジをグイッと差し込んでゴシゴシこすります。受け皿はやわらかいスポンジでこすります。四隅など汚れがたまっている所は古い歯ブラシを使っても。

3.流水ですすぎ、水けを拭き取ってから元に戻します。受け皿に重曹を入れておくと、消臭効果もあり、次のお手入れがラクになります。


「つけ置き」で汚れがゆるみ、とれやすくなります。汚れがついてから時間がたたないうちにやれば、さらにラクにきれいに!