年末年始、食卓にのぼることが多い「和食」。和食というと聞こえ良いですが、年越しそばやおせち、お寿司、お雑煮、お餅と思い返せば糖質ばかり摂ってしまいました。

しかも初詣以外は家でのんびりごろごろ。毎年、この時期に体重計に乗ると絶望します。このまま体重増加の一途をたどる前に、どうにか元に戻したい……。


そうしてたどり着いたのが、「鍋」。皆さん、鍋には何を入れますか? お肉や豆腐、白菜、ねぎ、きのこなどが多いですよね。これって実は、糖質の少ないものばかりなんです。それなのに食べごたえは抜群! シメまで食べても、普通に食事をするよりずっと低糖質なのだとか。これを活用しない手はありません。そこで今回、「ミツカンの鍋つゆ」を使ってキムチ鍋を作ってみました。

お正月に増えた体重、どうにかしたい…。キムチ鍋でおいしく糖質オフしてみた! 画像(1/5) ミツカンの「キムチ鍋つゆ」

今回使用した、ミツカンの「キムチ鍋つゆ」


お正月に増えた体重、どうにかしたい…。キムチ鍋でおいしく糖質オフしてみた! 画像(3/5) 鍋に鍋つゆを入れて沸騰させます

まずは、鍋に鍋つゆを入れて沸騰させます。


お正月に増えた体重、どうにかしたい…。キムチ鍋でおいしく糖質オフしてみた! 画像(6/5) 切った具材を煮えにくいものから順に入れていきます

沸騰したら中火にし、切った具材を煮えにくいものから順に入れていきます。

今回は、大根、しいたけ、豆腐、焼きちくわ、白菜、しめじ、ニラ、ねぎ、もやしを使用。

(※練り製品は糖質多めなので、入れすぎには注意!)


お正月に増えた体重、どうにかしたい…。キムチ鍋でおいしく糖質オフしてみた! 画像(10/5) 食材に火が通ったら完成!

食材に火が通ったら完成!

この日はとても寒かったのですが、熱々のキムチ鍋をほおばると、キムチのピリ辛効果もあり、すぐに体がポカポカしてきました。

鍋は体が芯から温まるので、この時期本当に重宝しますよね!


お正月に増えた体重、どうにかしたい…。キムチ鍋でおいしく糖質オフしてみた! 画像(15/5) 最後はシメのラーメン!

最後はシメのラーメン!

余った鍋つゆに麺を入れて加熱し、ほぐれたら溶き卵を加えます。軽く火が通ったら、ねぎを散らして完成です。

野菜や肉の出汁がたっぷり溶け出した鍋つゆ、とろっとした半熟の卵が絡んだラーメンは最高です。たまに残っている具が混じるのも、なんだか良いですよね♪


ちなみに、写真の量は2食分(もしくは2人分)くらいです。

満足いくまで食べて、野菜もたっぷり摂れて、麺まで食べたのに糖質は普通の食事以下だなんて、もう毎日鍋でもいいのでは?なんて思ってしまいました。

最近はカット野菜も充実しているので、野菜を切るのが面倒な人は、カット野菜で作ってみるのもいいかもしれません。


ミツカンの鍋つゆシリーズは、ほかにも「鶏だし生姜鍋つゆ」「ごま豆乳鍋つゆ」「ごま担々鍋つゆ」など、種類がとっても豊富! 具材の鍋つゆの組み合わせを変えれば、飽きずにいろいろな鍋が楽しめます♪


調理・文=つきのんキッチン