私は毎日の食事で、子どもにはバランス良く栄養のあるものを食べさせたいと思っています。

ですが、魚を食べさせるときに、困っていることがあります。

魚には小さな骨や大きな骨があり、取り除いたつもりでも骨が残っていることも多く、食べさせにくいので魚料理は敬遠しがちになっていました。

そんなとき、キャンドゥのキッチン用品売り場でパッと目についたのが「骨抜き」です!

これがあれば、魚の骨を簡単に抜くことができるんです♪


ママも子どもも大喜び!キャンドゥの「骨抜き」で魚の骨が簡単に取れる♪ 画像(1/3) キャンドゥ骨抜き画像1

先端は骨を抜きやすい形状になっているようで、大きな魚の骨から、小魚の骨まで取れます♪

サイズは全長12cm、幅1cmです。

価格はもちろん100円(税抜)!


先端部分はそこまで角ばってはいませんが、ケガをする可能性もあるので、子どもには触らせないよう注意が必要です。

汚れがついたままだったり、濡れたままでの放置はサビの原因になるので、使用後はキレイに洗って乾かしましょう。


ママも子どもも大喜び!キャンドゥの「骨抜き」で魚の骨が簡単に取れる♪ 画像(3/3) キャンドゥ骨抜き画像2

使い方は、下ごしらえの際や、調理後に「骨抜き」を使って骨を取り除きます。

天ぷらやフライにするときは、下ごしらえの時に。

焼いたり煮たりするときには、後から使用します。


子どもには魚の身をほぐして食べさせるので、そのときにも骨抜きは用意しておき、残った小さな骨もしっかり取り除きます!


ママも子どもも大喜び!キャンドゥの「骨抜き」で魚の骨が簡単に取れる♪ 画像(6/3) キャンドゥ骨抜き画像3

我が家の子どもたちは、鮭のフライが好きでよく作るのですが、調理で面倒だったのは骨を抜くことでした。

骨が残っていると、息子は「何かあったー!」と言って、食べるのをイヤがることもありました。

でも、「骨抜き」を使えば、スルッと簡単に骨を抜くことができるので、下ごしらえの準備もラクラクです♪

そして、安心して食べさせることができます。

子どもに魚好きになってもらえるように魚料理のレパートリーを増やそうと思います。


文=かおりん