【ダイソー】急な「おなかすいた〜」には三角おにぎりで即対応!【ダイソー】「 簡単おにぎりパック」が冷凍保存に便利

#やってみた 

残りご飯の冷凍や、きれいな三角おにぎりが作れる【ダイソー】の便利なアイテムを知っていますか?

ご飯を詰めたあとはそのまま持ち運べて、レンジで温めもOK!

手を汚さずに食べられる「簡単おにぎりパック」を、実際に使ってみました。

ダイソーの簡単おにぎりパック(大)を使ってみた


・「シリコーン 簡単おにぎりパック(大)」1個/100円(税抜き)

<サイズ>入るごはん量120g

<材質>シリコーンゴム

<耐熱温度>220℃

<耐冷温度>-20℃

今回購入したグリーンのほかに半透明のカラーもあり、この2色からお好みの色を選択可能。

最寄りの店舗には在庫がありませんでしたが、ご飯が90g入る小さめサイズもラインナップされています。

あったかご飯をそのまま詰めるだけ


【画像】ダイソーの簡単おにぎりパックにご飯を詰めてみました


早速、パッケージをあけて取り出してみると、シリコーンのやわらかさとすべすべの手ざわりにびっくり。

ぐにゃぐにゃして、ご飯を詰めるのが大変なのでは? と思いながら、炊きたてご飯を詰めてみましたが全く問題なし!

「シリコーン 簡単おにぎりパック(大)」には、ご飯が120g入ります。

あまりぎゅうぎゅうに詰め込まず、ふんわりと入れてとじてみました。

ご飯を詰めたあとは、しっかり閉じて型崩れなし!


三角のふたの上部が、パカッと本体にかぶさる仕様になっています。

思っていた以上にしっかりフィットし、型崩れの心配もなさそうです。

しかも、炊きたてご飯でもあまり熱さを感じません!

熱々ご飯をラップにのせて、おにぎりを握るのは地味に大変な作業ですが、これなら余裕かも!

おにぎりパックは食べやすくて持ちやすい


軽く数回握ったあとにふたをあけると、きれいな三角おにぎりがチラリ。

中央あたりに折り線が入っていて、線に沿ってパックがペロンとめくれます。

手を汚さずにそのままおにぎりが食べられるので、とっても便利!

きれいな三角おにぎりが簡単にできちゃう!


シリコン素材で米粒がくっつかないのも良い


今度は、握ったおにぎりをパックから取り出してみます。

するん! ときれいに取り出すことができました。

おにぎりパックに米粒が残ることもなく、つるっと形の良い三角形のおにぎりが登場!

おにぎりを三角に握るのが苦手な人でも、これがあれば何個でもどんとこーい!

パックの中でふりかけも混ぜ混ぜ~


ズボラを極めて洗いものも減らしちゃおう


ここまでズボラな人はいないかもしれませんが、混ぜ込むタイプのふりかけも「簡単おにぎりパック」の中で一緒に混ぜてしまえば、洗い物も大幅減!

ご飯を詰め込み過ぎると、混ぜるのが大変なので要注意です。

 

「簡単おにぎりパック」は、おにぎりを作るのにとても便利なアイテムですが、残りご飯の冷凍保存にも最適。

今までは、残りご飯をラップに包んで冷凍していましたが、シリコーン素材なら何度も洗って使えるので環境にもやさしいですよね。

冷凍したままレンジで温めることができるので、子どもの「おなかすいた」にもささっと対応できてにんまり。

パパがその日の気分で放ってくる、お酒のあとの「なんかちょっと締めにご飯が食べたいんだよな~」にも、炊き込みご飯やチャーハンの残りを詰めた冷凍おにぎりで応戦しちゃいます!

予想以上の大活躍に、早くもリピート購入しそうです。

文=moco

この記事に共感したら

moco

moco

神奈川出身のライターって名乗りたい主婦。3歳の娘と、おかし作りや... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧