年齢とともに増えてきた、老け顔の元凶、シミ…。


でもコンシーラーで隠そうとすると

私のメイク技術の未熟さゆえか、

塗った所が浮いてしまって結局目立つんです。


今回のレタスクラブで

「シミ隠しテク」を特集していたのですが

そこで紹介されていた美容家の田中亜希子さんが

あまりにもチャーミングで

「美人すぎて参考にならないよ!」と思ったら

なんと私と同い年の39歳!2児の母である点も共通!

補正ナシ!39歳がプチプラコスメで「シミ隠し」にチャレンジ! 画像(2/7)

キレイになるためには美人に倣うのは基本でしょう!

ということでシミを目立たなくさせるメイクのコツを

レタスクラブ首っ引きで挑戦してみました!

補正ナシ!39歳がプチプラコスメで「シミ隠し」にチャレンジ! 画像(3/7)

美容系記事なので勇気を持って

補正ナシですっぴん状態の肌をお見せいたします。


私の場合、頬骨の上のあたりにこまかいシミが。

これが見えなくなるまでコンシーラーを

ぐりぐり塗っていると、最終的にのっぺりした

厚塗りになってよけい老け顔になっちゃうんですよね。


今回特集で紹介されていたコスメから

新たに購入したのは

ブルーの下地とコンシーラー。

それからキメが細かく弾力のある丸みがあるスポンジ。

補正ナシ!39歳がプチプラコスメで「シミ隠し」にチャレンジ! 画像(6/7)

どれもプチプラだったのもよかったです。


さてまずは普段から使っているBBクリームを

“手のひら塗り”で伸ばしていきます。

補正ナシ!39歳がプチプラコスメで「シミ隠し」にチャレンジ! 画像(10/7)

BBクリームはパール粒大くらいを手にとり、

手のひら全体に塗り広げてから

顔の内→外へのばしていきます。


今まで手をあまり汚したくなくて

指2本だけでちまちま塗っていたんですが

それが厚塗りの原因だったんですね。

目尻や小鼻の脇など細かい所のみ

指の腹を使って押さえるようにカバーします。


そして私は初めて使うブルーの下地。

ブルー系ってだって…なんか青白いの肌にのせると

顔色悪く見えそうじゃないですか?

ていうかBBクリームって下地も兼ねてるんでは?と

今までは試したことがなかったんですが…

補正ナシ!39歳がプチプラコスメで「シミ隠し」にチャレンジ! 画像(15/7)

たしかにTゾーンとほおにのせたときは

白いぞ大丈夫か!?と心配になりましたが

BBクリームと同じように手のひら塗りした後

メイクスポンジでたたき込んでなじませると

白さが消えて透明感に変わりました。


アラフォーのくすんだ肌にはブルーの下地を合わせると

透明感が引き出されるのか〜!


続きましてはコンシーラー。

個人的にはこれがポイントにして

難関でもあると思ってるのですが…。


コンシーラーをシミの中心に置き、

シミの外周に向かってトントンとぼかしていきます。

補正ナシ!39歳がプチプラコスメで「シミ隠し」にチャレンジ! 画像(21/7)

このままではまだアウトラインをぼかしただけで

コンシーラーを塗った色の差ははっきりわかります。


ここからさらに弾力性のあるスポンジで

軽くたたき、さらにぼかしてなじませ、

クリーミーなファンデを指にとって

シミ部分に重ねていくと、だんだんコンシーラーが

肌と一体化していきます。


さあここまでやってどれくらい

シミをごまかすことができたでしょうか!!

補正ナシ!39歳がプチプラコスメで「シミ隠し」にチャレンジ! 画像(28/7)

おお!シミ、こんなに見えなくなりましたよ!


上の写真ではシミ部分を集中してメイクしたので

アイメイクなどをしてない状態ですが

(眉だけちょっと書き足しました)

さらに透明感を引き出す血色クリームチークや

透明感を底上げするほのつやリップを乗せれば

さらに『シミ隠し』の効果アップ。

顔映りのいい色味を足すことで

シミに目が向かないようにする狙いもあるとか。

なるほどね〜!


今回はプチプラで、しかも

手のひら塗りなどで時短にもなり

美人のやることはマネしとくもんだなと

思いました(笑)


今度は目の下のクマを隠すテクを教えてくださ〜い(泣)


作=前川さなえ