皮ごと調理!? 今が旬の「新玉ねぎ」をまるごと味わうレシピ3選

#やってみた 

熱湯に一晩つけておけばよいお出汁ができるほど、新玉ねぎの皮には旨みがたっぷり! また、皮のまま調理すると、皮の旨みや栄養を玉ねぎに移すことができるんです。「皮ごと調理して、皮を剥きながらいただく」ぜひ試してみてくださいね。

今回は『栄養を捨てない まるごと野菜レシピ 春』(レタスクラブMOOK)から、新玉ねぎを皮ごと使ったレシピをご紹介します。

皮から出るうまみがだし代わり

新玉ねぎの皮ごとレンジ蒸し


新玉ねぎの皮ごとレンジ蒸し 調理/北嶋佳奈 撮影/三村健二


●1人分:162 kcal 塩分1人分:0.6g

[ 材料・2人分 ]

新玉ねぎ ……2 個分

ベーコン ……1 枚

とろけるチーズ ……30g

粗びき黒こしょう ……適量

パセリ(ドライ)……少々

[ 作り方 ]

1.ベーコンは1cm 幅の短冊切りにする。

2.玉ねぎは皮ごと水で洗い、耐熱容器に入れる。ふんわりラップをかけ、電子レンジで約4 分加熱する。

3.玉ねぎに十字に切り込みを入れ、ベーコン、チーズを半量ずつ切り込みに入れ、再びラップをし、約1分加熱する。

【Point】切り込みが浅すぎるとベーコンやチーズを入れにくいので、半ばぐらいまでは切り込みを入れて。


4. 器に盛り、粗びき黒こしょうとパセリをふる。

●皮ごと加熱することで皮のうまみや栄養も玉ねぎに移しています。皮を剥ぎながら召し上がれ。

次ページ:玉ねぎを大きめに切って存在感を!(2/2)

この記事に共感したら

レタスクラブニュース編集部

レタスクラブニュース編集部

「毎日のくらしに、ちょっといいこと」。プロの料理家のレシピを中心... もっと見る

Information

調理/北嶋佳奈,外処佳絵 撮影/三村健二,安井真喜子

▼『栄養を捨てない まるごと野菜レシピ 春』記事一覧はこちら▼


雑誌情報はこちら



▼『栄養を捨てない まるごと野菜レシピ 春』情報はこちらから▼

▼楽天ブックスで購入▼

春においしい野菜の栄養がまるわかり!野菜に含まれて入る栄養素について解説。捨ててしまいがちな芯や皮、軸、にもじつは栄養がたっぷり!野菜をたっぷり使ったメインおかずレシピをたくさん掲載しています。芯や皮、軸、葉も使いきるレシピにはマークをつけました。芯や皮、軸、葉を使ったサブおかずのレシピも充実!


おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧