下腹しぼりの基本テクニック◆シールはがし、おへそずらし編 1分で!下腹しぼりダイエット(2)

#美容・健康 

下腹しぼりのテクニックその1 シールはがし

骨にはりついた筋膜を、指でしっかりはがしていきます。
机の表面などに貼られたシールを、親指で強くこすってはがすようなイメージです。

【基本のポジション】
左右の親指をくっつけた状態で骨の内側に当てます。人さし指~小指は体に添えます。

1分でサイズダウン! 下腹しぼりダイエット トイレに行くたびやせる!



【手&指の使い方】
骨の内側に親指を立てるようにして指先を当て、指の腹で筋膜をはがすつもりでゴシゴシと強くしごきます。

 


基本の動き
1 骨盤(腸骨)を上下ふたつに分けて行います。まず腸骨の上のほうに手を当て、骨の内側に両手の親指を第一関節あたりまで差し込みます。ゴシゴシと骨の内側をしごきます。

骨にはりついた筋膜を、指でしっかりはがしていきます

★腸骨の上半分をゴシゴシ

2 1より下を、同様にしごきます。片側が終わったら、反対側も同様に。

 

★腸骨の下半分をゴシゴシ

骨の内側って?
おなかや腰に手を当てたとき、手に触れているのは骨の外側。「シールはがし」では、骨に沿って指を深く入れ、体の表面からはさわれない骨の内側をしごきます。

次ページ:次は「おへそずらし」をチェック!(3/3)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //