勝負に備え蓄積を/2021年「三碧木星」の人の運勢

#くらし 
健康を過信せず、身体の隅々までチェックしておく慎重さを


新型コロナウイルス感染拡大に九州豪雨、長期政権を誇った安倍首相の退任と、激動の1年となった2020年。
変化し続ける状況と先の見えない不安に揺れ動く日々を過ごした人も多いのでは。
来る2021年に向けて、どんな心持ちで備えれば良いのかを「社会運勢学」の第一人者・村山幸徳先生の資料から読み解きます。
2021年のバイオリズムと家庭運を中心にご紹介します。

生まれ年から本命星を探す

生まれ年から本命星を探す

個人の運勢(下の記事)は、自分の生まれ年に巡っていた九星の本命星で見ます。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。

「三碧木星」2021年のバイオリズム

三碧木星の2021年のバイオリズム

冬の時代を越え、三碧木星に活動的なエネルギーが戻ってきた。立春明けから元気いっぱいに飛び回るだろうけれど、春先は停滞感が強まりそうだ。5月、6月は周囲の動きが重く、思い通りに進まず不満が募る。

9月は運勢が大きく落ち込むことになる。ここで大きな判断を下そうとすれば、ほとんどの場合、ハズレくじを引くから注意が必要だ。

本当の勝負は2022年以降になるため、今はあせらずに実力を蓄えながら時期を待とう。

11月、12月と運勢は高まり、そのままの勢いで2022年の高運期に向かっていく。春の訪れが実感を伴い、三碧木星は歓喜に満ちるから楽しみだ。

「三碧木星」家庭と健康

家庭内では不満が溜(た)まりやすい。特に実家との関係でトラブルが生じやすい。母親が健在の場合は、できるだけ足繁(あししげ)く実家を訪れ、何度も対話を繰り返すことが重要になる。亡くなっている場合は、お墓参りに行くように。その際は、お供えに花をたくさん持っていき、賑(にぎ)やかにしてみよう。

年頃の女の子がいる家庭であれば、縁談や結婚の報告がもたらされるかもしれない。あまり面白くない相手に見えるが、三碧木星が娘の代わりに生きることはできない。ここは娘を許し、相手を許し、許せない自分を許すことだ。ただし、順序は間違えないように。妊娠はめでたいこととはいえ、家族になる人々の心の準備を許さないから賛成はできない。その点をよく言い含めておくべきだろう。

健康面では古傷の再発が心配だ。以前に、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を患った人は注意しよう。再発しやすい病だから、思考や生活習慣を改める必要がある。子宮筋腫も悪化しやすい。30歳以上の20~30%が発症している病だというから、月経の状態には留意しておくように。

2021年、女性の三碧木星は特に受難の一年となりそうだ。乳がん検診などを含め、健康を過信せず、身体の隅々までチェックしておく慎重さがほしい。若い三碧木星なら、性感染症に十分に注意しておくように。ここ数年、梅毒の報告数が増えている。また、不測の事故やケガに襲われやすい。スポーツや運転の最中だけでなく、台所に立っているときに指を切ったりなども多い。日常のなかで油断のないように生活を送ることが大切だ。

著=村山 幸徳/「展望と開運2021」(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //