周囲に頼るも吉/2021年「二黒土星」の人の運勢

#くらし 
家庭での孤立を打開するのに、バーベキューはもってこい


新型コロナウイルス感染拡大に九州豪雨、長期政権を誇った安倍首相の退任と、激動の1年となった2020年。
変化し続ける状況と先の見えない不安に揺れ動く日々を過ごした人も多いのでは。
来る2021年に向けて、どんな心持ちで備えれば良いのかを「社会運勢学」の第一人者・村山幸徳先生の資料から読み解きます。
2021年のバイオリズムと家庭運を中心にご紹介します。

生まれ年から本命星を探す

生まれ年から本命星を探す

個人の運勢(下の記事)は、自分の生まれ年に巡っていた九星の本命星で見ます。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。

「二黒土星」2021年のバイオリズム

二黒土星の2021年のバイオリズム

冬の一年とはいえ、春先には運勢が高まる。新年度はスタートを大切にすると、その後の落ち込みもかなりカバーできる。

とはいえ、年初は運勢が落ち込み、さらに10月に再び運勢が谷に入る。それでも周囲がやさしく二黒土星を引き上げてくれるのが嬉(うれ)しい。どこか孤独になりがちな二黒土星だけど、2021年ばかりは周囲にもたれかかって生活をしてみるのが吉となる。

年末からは、かなり忙しい日々が始まることになる。それまでは自身のこれまでを振り返り、ゆっくりと内省の時間を取ろう。

内面に向かったエネルギーは、必ず反発して2022年、外に向かって勢いよく放たれる。

「二黒土星」家庭と健康

家庭では孤立しやすい一年。どうにも家族と足並みが揃(そろ)わない。反目するわけではないが、家族のテンションが高いときに限って、二黒土星が体調を崩してしまったり、何かとタイミングが悪い一年となりそうだ。こうした事態を打開するのに、バーベキューはもってこいだと思う。重い身体を持ち上げて、家族に肉を取り分けてみよう。きっと家族との間に刻まれた溝が少しずつ埋まっていくと思う。

年頃の男の子を持つ二黒土星であれば、反抗期に悩まされそうだ。学校で問題を起こし、何度も呼び出されたりするかもしれない。また、家庭内暴力に発展する場合もある。ほとんどの場合は寂しさが原因。責めるよりも、きちんと話を聴くことだ。占い師や霊媒師などに頼ることは絶対にいけない。子供はあなたに話を聴いてもらいたがっているのに、あなたが子供と向き合わない限り解決は遠のくばかりだ。壺(つぼ)を買っても、水を飲んでも解決はない。ひたすら相手の話に耳を傾けること。

健康面は一年を通じて風邪を引きやすい。むくみが溜(た)まりやすい一年でもある。身体を冷やさないように。むくみは万病の元となるから、軽く見てはいけない。足だけでなく、内臓もむくむ。酒を飲み過ぎれば消化管にもむくみが起こりかねない。十二指腸と膵臓(すいぞう)、肝臓をつなぐファーター乳頭がむくめば、膵液が逆流し急性膵炎になったり、胆汁の流れが停滞し胆石の原因にもなり得る。お酒の飲み過ぎに注意。耳鳴りも体内の水分代謝が原因となっていることも多い。その場合は、鍼灸(しんきゆう)治療がオススメだ。

著=村山 幸徳/「展望と開運2021」(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //