電子レンジなのに焦げ目もしっかり&ジューシー!「オイスター鶏チャーシュー」

#食 

安定して価格が安く、日々の食事に積極的に取り入れたい「鶏肉」。中でも鶏もも肉は鶏のうまみが強く、煮ても焼いても茹でても簡単においしく仕上がる食材でありがたいですよね。そんな鶏肉料理の中でも人気なのが、「鶏ハム」や「鶏チャーシュー」などの料理。見た目も豪華に見えるので、食卓にあがると家族も喜びます。

先日、そんな鶏チャーシューをお手軽に作れる方法を発見しました。『3分クッキング』6月号に掲載されている特集「鶏もも肉・鶏胸肉これがおいしい!」にある、「オイスター鶏チャーシュー」です。

フライパンや鍋で作ると大変ですが、電子レンジで作れば見張る必要もなく放置するだけ! これはぜひともマスターしたいと思い、早速作ってみることにしました。

レンジで香ばしい
「オイスター鶏チャーシュー」

レンジで香ばしい「オイスター鶏チャーシュー」

材料(4人分)
鶏もも肉 2枚(500g)
つけだれ
・おろしにんにく 1/4かけ分
・しょうゆ、オイスターソース 各大さじ2
・はちみつ、砂糖 各大さじ1と1/2
・塩 小さじ2/3
・片栗粉 小さじ1

作り方
1 鶏肉は余分な脂を除き、厚みに切り込みを入れて厚さを均一にする。ポリ袋につけだれの材料を混ぜ、鶏肉を入れてもみ込み、空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫で一晩つける。

2 タコ糸は120cm長さに2本切る。1の肉の汁気をきって皮目を下にしておいて巻き、タコ糸で端からくるくるときつく巻いて結ぶ。

3 耐熱皿に2の巻き終わりを上にして並べる。ラップをふんわりかけ、1か所口を開け、電子レンジ(600W)に12~14分かける。耐熱皿に出た肉汁をからめ、粗熱がとれるまでおく。

付け合わせもセットでワンプレートに!
「セロリナムル」


材料(4人分)
オイスター鶏チャーシュー 2本
セロリ(葉つき) 1本
ごま油 大さじ1
塩 少々

作り方
1 鶏チャーシューは1cm厚さの輪切りにし、器に盛る。

2 セロリは筋をとって茎は斜め薄切りにし、葉はざく切りにする。ボウルに入れてごま油、塩を加えてあえ、1に添える。

* * *

電子レンジで作ったのに、そうは思えないほどしっとりジューシーに仕上がっていて、おまけに焦げ目もしっかりとついています。皮の脂もほどよく抜けて、食べづらさも一切なし!鶏チャーシューは冷めてもおいしく作り置きもしやすいおかずなので、安いときに買ってきて多めに作っておくと、とっても重宝しそうです。

付け合わせとして添えているセロリのナムルも、ささっと作れるのに爽やかで食感もよく、彩もよくなって一石二鳥! しっかり味のチャーシューとよく合います。これはどちらもセットでリピ確定ですね♪

調理、文=月乃雫

この記事に共感したら

Information

鶏もも肉、鶏胸肉の絶品おかず大特集!

大特集は「鶏もも肉・鶏胸肉 これがおいしい!」。皮はパリッとこんがり、肉はやわらかくジューシーに。毎日のおかずの強い味方、鶏もも肉と鶏胸肉を、徹底的においしく食べるレシピをご提案します。プラス1素材でできる簡単おかずから、香ばしい焼きチキン、ジューシーな揚げもの、話題のグリルチキンまで。さらにレンジで作る鶏チャーシューや、生のまま味をつけて冷蔵&冷凍ストックする方法も掲載。1年中使える保存版です。
好評連載「飛田和緒さんのひだめしの素」は「ピーマンの塩きんぴら」、「Mizukiのやみつき懐かしスイーツ」は「レモンカップゼリー」です。

おすすめ読みもの(PR)