【フライパンレシピ】しょうが焼きに飽きてしまったら「甘辛みそ焼き」にアレンジ 画像(1/3) 濃いめの味つけの豚肉と野菜を一緒に食べて

特売になりやすい、豚しょうが焼き用肉。そのまま、しょうが焼きにするのではなく、ちょっと目先の変わった「甘辛みそ焼き」にしてみませんか。しっかりした味なので、野菜も一緒にもりもり食べられます。フライパンひとつでできるので、洗いものが少なくてすむのも魅力。ボリューム重視のお弁当にも最適です!


【豚肉の甘辛みそ焼き】(1人分394Kcal、塩分2.7g、調理時間15分)


<材料・2人分>豚しょうが焼き用肉200g、にら1わ、もやし1袋、みそだれ(しょうがのみじん切り小さじ1、みりん・みそ各大さじ1 1/2、しょうゆ大さじ1/2、砂糖小さじ1)、サラダ油、塩


<作り方>

1.にらは4~5cm長さに切る。豚肉は脂身と赤身の間に包丁の刃先で6~7カ所切り目を入れて筋切りする。

2.フライパンに油大さじ1/2を中火で熱し、もやし、にらを入れて強めの中火で炒める。塩少々をふってざっと炒め合わせ、器に広げて盛る。

3.フライパンをきれいにし、油大さじ1/2を中火で熱する。豚肉を並べ入れて1~2分焼き、肉の色が変わったら上下を返して同様に焼く。みそだれの材料を混ぜて加え、肉にからめて2の野菜の上にのせる。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】