まるでメリーゴーランド?イングリッシュマフィンがフレンチトーストに…/アートな朝ごはん(7)

#食 
メリーゴーランドをイメージ「フレンチメリーゴーランド」

『アートな朝ごはん』7回【全12回】


毎日の食事はおいしいことが一番ですが、見た目の鮮やかさや可愛らしさがプラスされればテーブルが一気に華やかに!

『アートな朝ごはん』の著者・valoさんは、子どもの頃は食が細く、食事への興味がまったく無かったといいます。しかし、母親がお子様ランチプレートを用意してきれいに盛り付けをしてくれたことをきっかけに、ご飯をおいしく食べられるように変化していったそう。

そんなvaloさんが考案した、見ているだけでワクワクするようなご飯・パン・スイーツのレシピが満載『アートな朝ごはん』(すばる舎)から、「まるでメリーゴーランド?イングリッシュマフィンがフレンチトーストに…」を紹介します。

華やかな見た目の料理やスイーツも、盛り付けやアレンジの方法を知れば意外と簡単! 家にある物や100均アイテムですぐに真似できちゃいます。

※本作品はvalo著の書籍『アートな朝ごはん』から一部抜粋・編集しました

今にも回りだしそう!
フレンチメリーゴーランド

大好きなメリーゴーランドをイメージしました。イングリッシュマフィンをフレンチトーストに。コロンとしたフルーツがかわいい。

【材料】(1人分)
・イングリッシュマフィン…1個
・豆乳(または牛乳)*…25ml
・卵…1/2個
・砂糖…小さじ1/2
・バター…適量
・キウイ
・バナナ
・苺
・粉糖
・ホイップクリーム

*豆乳で作ると、豆乳特有の香りがします。苦手な方は、牛乳で作ってみてください。
*器は、iittala(イッタラ)のTeema(ティーマ)、パウダー(プレート)17cm。

【作り方】
1.マフィンを半分に割り、卵液に浸す。フライパンを熱したら、バターを入れて溶かし、卵液に浸したマフィンを両面焼く。
野田琺瑯のバット(レクタングル浅型S)は、卵液を浸すのに、ちょうどよいサイズ

マフィンを半分に割り、卵液に浸す

*マフィンに卵液がなかなか吸い込まないときは、浸す前に、マフィンにフォークで穴を開けるといい。

2.カットしたフルーツを焼いたマフィンの上に置く。
中央に置いたバナナの周りに、カットしたフルーツを乗せる。挟むフルーツはお好みで。安定感のあるものがおすすめ。

挟むフルーツはお好みで。安定感のあるものがおすすめ


一番先に、仕上がりの高さにカットしたバナナを断面を上下に向けてマフィンの中央に置くと安定しやすい。

カットしたバナナを断面を上下に向けてマフィンの中央に置くと安定しやすい


3.粉糖とホイップクリームでデコレーション。中央に、苺を乗せて完成。

メリーゴーランドをイメージ「フレンチメリーゴーランド」


粉糖の振り方のコツ
クッキングシートをピース状に16等分し、マフィンの上に交互に並べて、粉糖を振る。

マフィンの上に交互に並べて、粉糖を振る

粉糖とホイップクリームでデコレーション

ホイップクリームはジップ付きミニビニール袋を使って絞る。

ホイップクリームはジップ付きミニビニール袋を使って絞る


著=valo、イラスト=フジマツミキ/『アートな朝ごはん』(すばる舎)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //