缶汁ごと加えてだしいらず! 塩こしょうでシンプルに楽しむ「ツナと里いもの炊き込みご飯」

#食 
「ツナと里いもの炊き込みご飯」

炊き込みご飯の具は何がお好きですか? さまざまな具のうまみをお米に吸わせる炊き込みご飯は、和食の懐の深さがわかる一品。今回は旬の里いもを使った「ツナと里いもの炊き込みご飯」をご紹介。肉や魚が冷蔵庫にない時は、ツナ缶が便利。缶汁ごと加えれば、だしすら必要ありません。といだお米の上に具材をのせたら、あとは炊飯器のスイッチを押して普通に炊くだけだから、面倒な手間は一切なし! 食べる前に塩こしょうをふって、里いもの甘みを楽しんで。

ツナと里いもの炊き込みご飯

【材料・2〜3人分】
ツナ缶…小1缶(約70g)、里いも…4個(約300g)、えのきたけ…2袋(約200g)、米…2合、酒、塩、粗びき黒こしょう

【作り方】
1.米は炊く30分前に洗ってざるに上げる。里いもは一口大に切って塩もみし、水で洗って水けをきる。えのきたけは2cm長さに切る。

2.炊飯器に米、水360ml、酒大さじ1、塩小さじ1を入れてざっと混ぜる。里いも、えのきたけを広げてのせ、ツナを缶汁ごと加えて普通に炊く。

3.炊き上がったら全体をさっくりと混ぜ、器に盛ってこしょう少々をふる。
(1人分481kcal、塩分2.2g 調理/井原裕子 栄養計算/スタジオ食)

炊き込みご飯を作る時は、具材は上にのせるのが鉄則。炊飯前に混ぜ込んでしまうと、具材がじゃまをして炊き上がりにムラができてしまいます。炊飯器の水加減は具材をのせる前に調整を。調味料を入れてから水を入れて目盛りを合わせると、ご飯がベチャッとするのを防げます。香ばしいおこげを楽しみたい場合は、炊飯器の炊き込みモードで炊いてみて。

文=齋藤久美子

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


ほかにもいろいろ!「炊き込みご飯」のレシピ

■レンジで完成!ボリューム肉レシピ特集はこちら


これもレンジでできちゃうの⁉驚き満載のレンチン肉レシピ

■毎日食べたい鍋特集はこちら


“体ぽかぽか、栄養満点!好みに合わせて選べる鍋レシピいろいろ”







Let’s!和ごはんプロジェクト
忙しい子育て世代に、子どもが身近・手軽に「和ごはん」を食べる機会を増やしてもらうため、企業等の新たな商品・サービスの開発・販売、子ども向けメニューの展開等を促進するためのプロジェクトです。このプロジェクトを通じて、味覚が形成される子どものうちに、和食の味や食べ方の体験の機会を増やし、ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化の保護・継承につなげていきます。

Let’s!和ごはんプロジェクトウェブサイト
和ごはん月間特設ページ

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //