まいたけの底力たるや…具材1つで舞い上がるほどおいしい!「きのこのガーリックピラフ」

#食 
「きのこのガーリックピラフ」

 
まいたけの名前の由来、ご存じですか?。昔は「幻のきのこ」と呼ばれて希少価値が高く、舞い上がるほどおいしいことからその名がつけられたそうです。そんな貴重なものが今や近くのスーパーで手軽に手に入るなんて! ありがたいことですね。そんなまいたけを使って簡単に作れる一皿が「きのこのガーリックピラフ」。具材はまいたけだけなのですが、それでもにんにく&バターで炒めるとこれでもかというほどに旨みが出てきてブイヨンなしでもOK。仕上げにドライパセリとパパッとふって、まいたけの底力を感じてみてください♪

きのこのガーリックピラフ

【材料・2人分】
まいたけ…1パック(約100g)、にんにくのみじん切り…1片分、温かいご飯…300g、バター…5g、酒…大さじ1、パセリ(ドライ)…小さじ2、塩、こしょう

【作り方】
1.まいたけはほぐす。

2.フライパンにバター、にんにくのみじん切りを入れて弱火で熱する。香りが立ったら中火にし、まいたけを加えて約1分炒める。温かいご飯を加えて酒大さじ1をふり、約1分炒める。塩、こしょうで味をととのえ、パセリを加えて混ぜる。
(1人分285kcal、塩分0.3g 調理/しらいのりこ 栄養計算/スタジオ食)

今回のレシピは「今すぐピラフが食べたい」ときにもおすすめ。本格的なレシピではお米や具材を1度炒めてから、水分を調整して炊き込んで…と手間がかかりますが、あったかご飯を炒める方法でもレシピ次第でコクのある味わいに。炒めるだけなら失敗知らずで、初めて作る時でも安心です。

文=齋藤久美子

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


ほかにもいろいろ!「ピラフ」のレシピ

■レンジで完成!ボリューム肉レシピ特集はこちら


これもレンジでできちゃうの⁉驚き満載のレンチン肉レシピ

■毎日食べたい鍋特集はこちら


“体ぽかぽか、栄養満点!好みに合わせて選べる鍋レシピいろいろ”






おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //