月曜の肉感たっぷり&あっさり梅バーグとほっくり味噌汁/平日5日分の夜ごはんが作れる本(2)

#食 
肉感たっぷりだけどあっさりとしたバーグに梅だれがよく合います

『買い物1回でOK! どんなずぼらさんでも 1週間の夜ごはんが作れる本』 2回【全6回】


毎日のごはん作りに疲れたあなたへ。とっても簡単に夜ごはんが作れる方法教えます!

家政婦の仕事を通して、「どんなに忙しくてもごはんは食べなくちゃいけない。朝と昼はどうにかなるけど、夜ごはんとなったらそうはいかない」という声を聞いた著者のmakoさん。その声を受けて、6つの食材だけを日曜日に買っておけば平日5日分の夜ごはんメニューが楽に作れるレシピを考えたというのが『買い物1回でOK! どんなずぼらさんでも 1週間の夜ごはんが作れる本』です。

料理が苦にならない、節約にもなる、気持ちに余裕が持てる、そして何より時間ができる! そんな平日5日間のレシピをご紹介します。

※本記事はmako著の書籍『買い物1回でOK! どんなずぼらさんでも 1週間の夜ごはんが作れる本』から一部抜粋・編集しました

※一般的な調味料、薬味、乾物、パスタ、米などはご家庭にある想定で作成しています

1週間、これだけでOK!
WEEK1 買い物リスト

豚こま切れ肉…1パック(約500g)
とりひき肉…1パック(約600g)
塩鮭…1パック(2切れ)
じゃがいも…1袋(5個)
ブロッコリー…大1個
レタス…大1個

保存の仕方

半分を冷凍する

豚こま切れ肉、とりひき肉ともに、半分をそれぞれ冷凍用保存袋に菜箸で入れ、平たくして空気を抜いて口を閉じ、冷凍室に入れる。

フレッシュに保存する

塩鮭は水分が出ていたら拭いて、ラップをかけてチルド室に入れる。
じゃがいもは袋の口をあけ、そのまま常温で保存する。
ブロッコリーの残った分は茎と分けて、茎はラップで包み、ともにポリ袋に入れて口を閉じ、野菜室に入れる。
レタスの残った分はポリ袋に入れて口を閉じ、野菜室に入れる。

WEEK1 MON.

肉感たっぷりだけどあっさりとしたバーグに、梅だれがよく合います。食感のいいブロッコリーおかずと、ほくっとしたじゃがいものみそ汁とで味のバランス抜群。

切る→焼く→レンチン→煮る で完成!


和風梅バーグ

<材料・2人分>
A
 とりひき肉…300g
 溶き卵…1個分
 片栗粉…大さじ2
 塩、こしょう…各少々
B
 梅肉チューブ…大さじ1/2
 酒、みりん…各大さじ2
 しょうゆ…大さじ1/2
サラダ油…小さじ1

<作り方>
1 ポリ袋にAを入れてよく混ぜ合わせ、2等分して円盤形に整える。フライパンに油を入れて熱し、両面に焼き色をつける。ふたをして約5分、火が通るまで焼く。

2 ハンバーグを取り出して器に盛る。フライパンにBを入れて熱し、混ぜて少しとろみがつくまで煮詰め、ハンバーグにかける。

ブロッコリーのごまあえ

<材料・2人分>
ブロッコリー…大1/3個
  →茎は切ってとりおき、食べやすい大きさに切る
白すりごま…大さじ1
しょうゆ…小さじ1
砂糖…小さじ1/2

<作り方>
1 耐熱ボウルにブロッコリーを入れ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600W)で約2分加熱する。残りの材料を加えてあえる。

ごろごろじゃがとわかめのみそ汁

<材料・2人分>
じゃがいも…1個
 →8mm幅の半月切り
カットわかめ…小さじ1
A
 顆粒和風だし…小さじ1
 水…2カップ
みそ…大さじ1

<作り方>
1 鍋にA、じゃがいもを入れて火にかけ、いもがやわらかくなるまで煮る。

2 わかめを加え、みそを溶かし入れる。

著=mako/『買い物1回でOK! どんなずぼらさんでも 1週間の夜ごはんが作れる本』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)