これは悪魔的なおいしさ!? 「とろけるレアチーズケーキ」/まいにちの簡単おやつ(9)

#食 
とろけるレアチーズケーキ

『食べたいときにすぐ作れる まいにちの簡単10分おやつ』 9回【全10回】


お菓子作りのハードルを限りなく下げる、手間なし「とっておき」レシピ!

Instagramで大人気の、簡単料理・時短レシピ研究家であるrakoさん。rakoさんが公開しているレシピは、どれも家にある材料で、洗い物も少なく、簡単にできてとにかくおいしいと話題に! 大人気のお手軽おやつから毎日のおかずまで、バリエーションも豊富でマネしてみたくなるレシピを提案するrakoさんによる、お菓子のいちばん簡単・美味しい作り方が満載なのが『食べたいときにすぐ作れる まいにちの簡単10分おやつ』です。

材料や洗い物は最小限、特別な道具もいらない、作業時間も短いお手軽レシピばかりなのに、ここまで美味しい! とっておきレシピをぜひ真似してみてください。

※本記事はrako著の書籍『食べたいときにすぐ作れる まいにちの簡単10分おやつ』から一部抜粋・編集しました

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください

とろけるレアチーズケーキ

濃厚でふわふわとろとろ。底に敷き詰めたビスケットがアクセントになった、
見た目は白いけれど悪魔的なおいしさのレアチーズケーキです!

材料(牛乳パック型1つ分)

ボトム生地
 ビスケット … 9枚(今回はマリービスケットを使用)
 バター … 25g 
レアチーズ
 クリームチーズ … 200g
 生クリーム … 150ml
 砂糖 … 大さじ4
仕上げ
 生クリーム … 50ml
 砂糖 … 小さじ1

材料(牛乳パック型1つ分)


【下準備】
・耐熱ボウルにバターを入れ、ラップをして600Wの電子レンジで30秒ほど加熱して溶かす
・クリームチーズは常温に戻す
・牛乳パック型を用意する
・型の底と側面にクッキングシートを敷く

作り方

1 ボトム生地を作る
 ビスケットはポリ袋に入れて細かく砕き、溶かしバターを加え、よく揉んでなじませる。

ボトム生地を作る


2 牛乳パック型に1を敷き詰めてラップをかぶせ、ぎゅっと押しつける。

牛乳パック型に1を敷き詰めてラップをかぶせ、ぎゅっと押しつける。


3 レアチーズを作る
 ボウルにクリームチーズを入れ、ゴムベラでクリーム状になるまで混ぜる。

レアチーズを作る


4 別のボウルに生クリームと砂糖を入れ、ハンドミキサーでふわっと角が立つくらいに泡立てる。

別のボウルに生クリームと砂糖を入れ、ハンドミキサーでふわっと角が立つくらいに泡立てる。


5 4に3のクリームチーズを2〜3回に分けて入れ、その都度ゴムベラで混ぜていく。

4に3のクリームチーズを2〜3回に分けて入れ、その都度ゴムベラで混ぜていく。


6 全体が混ざったら2に入れ、平らに整え冷蔵庫で半日冷やす。

全体が混ざったら2に入れ、平らに整え冷蔵庫で半日冷やす。


7 仕上げ用の生クリームに砂糖を加えて柔らかめに泡立て、6の上にふんわりとのせるように伸ばす。

仕上げ用の生クリームに砂糖を加えて柔らかめに泡立て、6の上にふんわりとのせるように伸ばす。


◆Point
・牛乳パック以外なら、12〜15cmの底の外れるパウンド型を使用しましょう。
・お好みでレモン汁を加えるのもおすすめです。

著=rako/『食べたいときにすぐ作れる まいにちの簡単10分おやつ』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)