たった3分でできる手作りツナが驚くほどおいしい「ゆでかじきのおかずサラダ」 画像(1/3) カジキ類はマグロ類とはまったく関係がないそうです
カジキ類はマグロ類とはまったく関係がないそうです

調理=石垣孝子 撮影=大川範

スーパーでよく見かける冷凍のカジキの切り身。「かじき……、照り焼きくらいしか思いつかない……」とスルーしがちだったO子ですが、先日某所で手作りツナが入ったサラダを食べてびっくり。「この食感、この味……かじきじゃん!」。ツナはまぐろで作りますが、かじきも“かじきまぐろ”と呼ばれることがあるくらいですから、そっくりぶりはお墨付き。というわけで、ゆでてみたらおいしいツナができました。ほんの3分ゆでるだけなのに、手作りツナの味は別格。今度安売りのかじきと出会ったら、ぜひ作ってみてください。


【ゆでかじきのおかずサラダ】(1人分285Kcal、塩分2.1g、調理時間20分)


<材料>(2人分)

かじき(切り身)2切れ、下味(塩、こしょう、レモン汁各少々)、きゅうり1本、セロリ1本、ソース(らっきょう2個、ゆで卵1個、玉ねぎ1/2個、フレンチドレッシング[市販品]1/2カップ)、レモンの輪切り1枚、トマト1個、パセリ少々、塩


<作り方>

(1)かじきは塩、こしょうをふり、レモン汁少々をかけておく。きゅうりは皮をむき、乱切りにする。セロリの茎は筋を取って4~5mm幅の斜め切りにする。

(2)ソースのらっきょうとゆで卵は粗みじんに切る。玉ねぎはみじん切りにして塩少々を加えてぬめりが出るまで混ぜ、水で洗ってから、水を絞る。らっきょう、ゆで卵、玉ねぎをドレッシングに加えて混ぜる。ソース大さじ2~3はとっておく。

(3)鍋に水3カップとセロリの葉、レモン、塩小さじ1/2を煮立て、トマトを3~4秒入れて水にとり、皮をむいてくし形に切る。続けてかじきを約3分ゆでる。皿にセロリときゅうりを敷いてかじきをのせ、トマトを飾る。ソースをかけ、パセリを散らす。残したソースは冷蔵庫で保存し、じゃがいものサラダなどに。


めかじきに多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)には、高血圧を予防し、頭の働きをよくする効果が。また、アンチエイジングに効果を発揮するビタミンEもたっぷり。美容に、健康にうれしい食材です。

文=O子

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

たった3分でできる手作りツナが驚くほどおいしい「ゆでかじきのおかずサラダ」 画像(4/3) 身が白っぽいものは脂ののりがよく、赤く透明感のあるものは脂が少なめ
身が白っぽいものは脂ののりがよく、赤く透明感のあるものは脂が少なめ

撮影=福岡 拓