何度も作りたくなるおいしさ。「蒸しブリ」のふわふわ食感に感動!/毎日のあたらしい料理(1)

#食 
ふわふわな「蒸しブリ」

『毎日のあたらしい料理 いつもの食材に「驚き」をひとさじ』1話【全8話】


知っているのに知らなかった!いつもの食材でたどり着いた至福のレシピ。

noteをはじめ、SNSでも大反響!
人気料理家・今井真実さんによる待望の初レシピ本がついに発売。

簡単だけど手抜きじゃない。手抜きじゃないけど疲れない。使うのはいたって身近な材料ばかり。けれど今井さんならではの珍しい組み合わせや手順を踏むと、ぐっとときめく一皿に仕上がるんです。

今回は「へとへとな毎日をラクに楽しく!」がモットーのレタスクラブWEB編集部厳選!『毎日のあたらしい料理 いつもの食材に「驚き」をひとさじ』から、疲れた日にも何か作っておいしく食べたい!という気持ちに寄り添う、ささっと作れて抜群においしいレシピをご紹介します。

※本作品は今井真実著の書籍『毎日のあたらしい料理 いつもの食材に「驚き」をひとさじ』から一部抜粋・編集しました。

蒸しブリ

ブリの一番好きな食べ方です。一人暮らしの時にも
電子レンジでよく作っていました。シンプルな調理法だから、
何度も作りたくなります。コツはお酒とお塩で下ごしらえをすること。
この一手間だけで、できあがりの美味しさが変わります。
ふわふわのブリは臭みもなく、とにかく食べやすい。脂も上品な味わいです。

材料(4人分)
ブリ……4切れ
日本酒……小さじ2(作る量を変えるときは、ブリ一切れにつき日本酒は小さじ1/2としてください。)
塩……適量

付け合わせ(作りやすい分量)
レタス……150g(5枚程度)
醤油、酢……各大さじ1
黒胡椒……適宜

【作り方】
1. ブリをバットや皿に並べ、酒を回しかける。ブリの両面にまんべんなく塩を振り、冷蔵庫で15分程度寝かせる。その間に蒸し器に水を入れ、強火で熱しておく。

ブリの臭みを取り、同時に下味をつけます

この作業でブリの臭みを取り、同時に下味をつけます。

2. 付け合わせを作る。洗ってよく水気を切り、ちぎったレタスに、醤油、酢を混ぜ合わせる。好みで、黒胡椒を挽く。

3.15分経ったらブリを冷蔵庫から出し、キッチンペーパーで水気を取る。

キッチンペーパーでブリの水気を取る

この段階ではもう下味がついているので、塩が落ちても大丈夫です。

4. 3を重ならないように、耐熱皿に並べる。蒸気が上がった蒸し器に皿ごと入れ、強火で7分~8分蒸す。

おすすめの食べ方
塩味も程よくあって、ブリだけでもじゅうぶんに美味しいですが、 酸味の効いたレタスは食べるタレ兼付け合わせになります。
一緒に食べると後味がさっぱりしてとっても美味しいですよ。
ピクルスやザワークラウト、白菜の古漬け、梅干しなども合います。色んな酸味の効いたものでお試しくださいね。

人気料理家・今井真実さん


・1カップは200ml、小さじ1は5ml、大さじ1は15mlです。
・電子レンジの加熱時間は600Wの場合を目安としています。500Wなら1.2倍の時間で調整してください。

著=今井真実/『毎日のあたらしい料理 いつもの食材に「驚き」をひとさじ』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //