白菜たっぷりの中華風あんを包んで「とろとろ白菜春巻き」/白菜使いきりレシピ(7)

#食 
白菜たっぷりの中華風クリームあんを包んで

『安うま食材使いきり!vol.15 もっと!白菜使いきり!』 7回【全15回】


まるごと1株買うことも多い白菜を、いたまないうちにおいしく使いきるレシピ!

どんどん使っていかないとキッチンの片隅や冷蔵庫の野菜室で場所をとる白菜。たくさん買ったら余すところなくおいしく使いきれるアイディアレシピをど~んとご紹介するのが、『もっと!白菜使いきり!』です。

ボリュームたっぷりのメインおかずから、冷蔵庫にあると便利でさらにアレンジも可能な作りおきおかず、小鉢やサラダ、汁ものなどの小さいおかず、あったか鍋やひと皿ごはんまで多彩なラインナップでご紹介する本書から、編集部厳選レシピをお送りします。

※本記事はレタスクラブ編集部編集のMOOK本『安うま食材使いきり!vol.15 もっと!白菜使いきり!』から一部抜粋・編集しました

※電子レンジは特に表記がない場合、加熱時間は600Wのものを基準にしています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。

とろとろ白菜春巻き

白菜たっぷりの中華風クリームあんを包んで

◆材料(2人分)
白菜 1/8株
とりむね肉(皮なし) 80g
サラダ油 小さじ1
塩 小さじ1/4
牛乳 80ml
とりガラスープの素、砂糖 各小さじ1/4
水溶き片栗粉
・片栗粉、水 各大さじ2
春巻きの皮 10枚
水溶き小麦粉
・小麦粉、水 各大さじ2
揚げ油 適量

◆作り方

1 白菜は横7~8mm幅に切って縦細切りにする。とり肉は1cm幅、3~4cm長さの棒状に切る。

2 フライパンにサラダ油を中火で熱し、とり肉を加えて炒める。肉の色が変わったら白菜、塩を加えて炒め合わせ、しんなりしてかさが半分くらいになったら牛乳、スープの素、砂糖を加える。煮立ったら水溶き片栗粉を2~3回に分けて少しずつ加え、しっかりとろみをつける。バットに取り出してさます。

3 春巻きの皮2枚は、対角線に十字に切る。

4 春巻きの皮1枚に、3の春巻きの皮1切れを、手前の角を合わせて重ねる。2のあんの1/8量をのせ、水溶き小麦粉を4辺の縁にぬる。あんがかくれるように手前の皮を内側に折り、続けて左右の皮も折ってくるくると巻き、しっかり留める。残り7つも同様に作る。

5 揚げ油を低温(約160℃)に熱し、4を入れる。時々上下を返しながら揚げ、こんがり色づいたら取り出して油をきる。

[1人分545kcal 塩分1人分0.7g]

編集=レタスクラブ編集部/『安うま食材使いきり!vol.15 もっと!白菜使いきり!』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //