短時間で味がしみる!玉ねぎの切り方がポイント「新玉ねぎと厚揚げのさっと煮」

#食 
新玉ねぎと厚揚げのさっと煮

みずみずしい新玉ねぎを味わえるのはこの時期だけの特権。さっと火が通るので、忙しい私たちにうってつけの食材です。生のフレッシュさ、さっと加熱したジューシーさ、ぜひどちらも味わってください。

今回は、新玉ねぎ厚揚げをおいしく引き立てる「新玉ねぎと厚揚げのさっと煮」をご紹介!

新玉ねぎと厚揚げのさっと煮


[ 材料・2人分 ]*1人分359kcal/塩分3.4ℊ
新玉ねぎ ...大1個(250~300g)
厚揚げ ...2枚(約400g)
煮汁
おろししょうが ...小さじ1
∟めんつゆ(3倍濃縮) ...大さじ4
∟水 ...1カップ

[ 作り方 ]
1.新玉ねぎは縦半分に切り、横1cm幅に切る。厚揚げは熱湯をかけて油抜きをし、6~8等分に切る。

2.フライパンに煮汁の材料とを入れて中火にかける。煮立ったら弱めの中火にし、ふたをして約5分煮る。ふたを取って、時々混ぜながら約5分煮詰める。

玉ねぎは繊維を断つように横に切ると、短時間で味がしみる。

*  *  *

玉ねぎは、切り方で食感や火の通り時間が変わってきます。今回は短時間で味がしみるよう繊維を断つように横に切るのがおすすめです。

調理/上田淳子 撮影/木村 拓 スタイリング/久保田朋子 栄養計算/スタジオ食 編集協力/田久晶子

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ’22年3月号より>

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!




雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 3月号』情報はこちらから▼

料理特集は「料理の手間をとことん省く!」。めんつゆを使えば味つけに迷わない、ひき肉で包丁を使わない、レンジで火を使わない…など、とことん手間を省いたレシピをご紹介しています。また、この時期旬の新玉ねぎレシピや、食パンで○○が作れちゃう!?驚きのレシピもご紹介。その他、献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダーBOOK」や、にぎりっ娘。さんの「頑張らないお弁当」特別ダイジェスト版など、読み応えたっぷり!LETTUCE MEETSには小澤征悦さんが登場!オトナのNEWS連載には加藤シゲアキさんが。コミックエッセイも多数!レタスクラブ3月号をぜひお楽しみください。

おすすめ読みもの(PR)