にんじん1本が主役おかずに!?「にんじんの唐揚げ」/毎日のあたらしい料理(5)

#食 
にんじんの唐揚げ

『毎日のあたらしい料理 いつもの食材に「驚き」をひとさじ』5話【全8話】


知っているのに知らなかった!いつもの食材でたどり着いた至福のレシピ。

noteをはじめ、SNSでも大反響!
人気料理家・今井真実さんによる待望の初レシピ本がついに発売。

簡単だけど手抜きじゃない。手抜きじゃないけど疲れない。使うのはいたって身近な材料ばかり。けれど今井さんならではの珍しい組み合わせや手順を踏むと、ぐっとときめく一皿に仕上がるんです。

今回は「へとへとな毎日をラクに楽しく!」がモットーのレタスクラブWEB編集部厳選!『毎日のあたらしい料理 いつもの食材に「驚き」をひとさじ』から、疲れた日にも何か作っておいしく食べたい!という気持ちに寄り添う、ささっと作れて抜群においしいレシピをご紹介します。

※本作品は今井真実著の書籍『毎日のあたらしい料理 いつもの食材に「驚き」をひとさじ』から一部抜粋・編集しました。

にんじんの唐揚げ

にんじん1本が、たちまちごちそうに。副菜のつもりが主役おかずになっちゃいます。
お子様のおやつにも、大人のおつまみにもどうぞ。

材料(2人分)
にんじん……1本
めんつゆ……小さじ1/2(濃縮タイプ)
片栗粉……小さじ4
サラダ油……大さじ3
塩……適量
カレー粉……適量
マヨネーズ……適量

めんつゆ……ストレートタイプなら1:1でお醤油を足してみて!

【作り方】
1. にんじんは皮付きのまま10cmcm程度の長さのスティック状に切る。ボウルなどの容器に入れ、全体にめんつゆを和えて10分ほど置いておく。

塩味ではなく風味をつけたいだけなので、少なめで大丈夫ですよ。めんつゆがなければお醤油、お塩でも大丈夫です。

2. 10分ほど置くとにんじんから水分が出るので、全て捨てて、片栗粉を全体にまぶす。

にんじんの唐揚げの作り方

片栗粉は多めに。にんじん全体が粉をふいているような状態にしましょう。

3. フライパンにサラダ油を入れ、にんじんを重ならないように並べたら、中火にかけ、カリッとするまで放っておく。裏返し、両面合わせて5分程度揚げる。揚げ物バットで油を切り、塩を全面に振る。ディップソースにカレー粉、マヨネーズを混ぜたものを添える。

箸やにんじん同士がくっつきやすいですが、揚がったら離れるのでご安心を。

人気料理家・今井真実さん


・1カップは200ml、小さじ1は5ml、大さじ1は15mlです。

著=今井真実/『毎日のあたらしい料理 いつもの食材に「驚き」をひとさじ』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)