だしがきいてさっぱり食べられる!「塩親子丼」/リュウジの「至高のレンジ飯」(7)

#食 
だしがきいてる塩親子丼

『至高のレンジ飯 面倒ぜんぶ省略!容器1つで感動レシピ100』 7回【全10回】


Twitterフォロワー数210万人超え(2022年4月現在)の人気料理研究家・リュウジさんが、手間暇かけずにおいしい最高のレシピを教えてくれるのが『至高のレンジ飯 面倒ぜんぶ省略!容器1つで感動レシピ100』です。

・容器に入れてチンするだけ! 失敗しらず&洗い物の手間を省略!
・家にある食材と調味料で、普段使いのおかずが感動的なおいしさに!
・火を使うと30分以上かかる料理も、レンジの力で10分以内に!

など、おすすめポイント盛りだくさんでへとへとな毎日に絶対役立つ料理の仕方やレシピをご紹介します。

※本記事はリュウジ著の書籍『至高のレンジ飯 面倒ぜんぶ省略!容器1つで感動レシピ100』から一部抜粋・編集しました

※レシピはフラット式の電子レンジを使用し、600Wを基準にしています。

※電子レンジの加熱時間はメーカーや機種によって異なるので、様子を見て加減してください。

だしがきいてさっぱり食べられる!
塩親子丼


◆材料(1人分)
温かいご飯…200g
A
 鶏もも肉(一口大に切る)…100g
 長ねぎ(斜め薄切り)…1/3本(40g)
 しょうが(せん切り)…5g
 水…大さじ3
 白だし…大さじ2
 みりん…大さじ1
 塩… 1つまみ
卵…2個
紅しょうが…適量

◆作り方

1 耐熱ボウルにAを入れ、レンジで加熱する。

材料を入れてレンジで加熱


2 軽く溶いた卵1個を加え、レンジで加熱する。

卵を加えレンジで加熱


3 再び軽く溶いた卵1個を加え、レンジで加熱する。
・ご飯にのせ、紅しょうがを添え、好みで小ねぎをのせる。ラー油で味変も可。

再び卵を加えレンジで加熱


【POINT】
卵は白身が残る程度に軽く溶き、2回に分けて加熱し、半熟に仕上げよう。

著=リュウジ、写真=鈴木泰介/『至高のレンジ飯 面倒ぜんぶ省略!容器1つで感動レシピ100』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)