入浴しない、着替えない母。小学校の友達に「汚いね」と言われ 美齊津康弘さんが語るヤングケアラーの苦悩【48歳で認知症になった母】

#くらし 
お母さん?

いつも優しくて明るくて、自慢のお母さん。
そんな母が48歳で若年性認知症を発症したあの日から、著者である美齊津康弘(みさいづやすひろ)さんの幸せだった毎日は徐々に崩れ始めます。「僕がやらなきゃ家族が壊れる」と思い必死にこらえるも、自分のことすらわからなくなっている母に怒りと悲しみが湧いてきて…。

母をどう扱っていいのか誰にも分かりませんでした

小学5年生にして「ヤングケアラー」となった美齊津さんの人生を描く『48歳で認知症になった母』。「大好きだった母」が変わっていくことでの想像以上の苦悩と葛藤、そして誰にもわかってもらえないという孤独感。人生を変えてしまうほどの壮絶な経験の数々に心が痛みます。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)