きゅうりは炒めものにしても美味しい!75歳の人気Youtuber「田舎そば川原」恵美子さんの秘蔵レシピ

#食   
きゅうりの炒め物

『「田舎そば川原」恵美子さんの料理帖』6話【全9話】


人気Youtubeチャンネル【田舎そば川原】をご存知ですか?
香川県まんのう町でそば店「田舎そば川原」を営む75歳の川原恵美子さんが作るお料理の動画が人気を集め、現在チャンネル登録者数は44万人を超えています。『麺歴40年』の恵美子さんが紹介する「ゆでないそうめん」の動画は再生回数がなんと557万回で、SNSでもたびたび話題になっています。
今日は、そんな川原さんが40年以上の料理研究と経験から作り出した、「夏野菜を美味しく食べるレシピ」をご紹介します!

きゅうりの炒め物

酒の肴にぴったりな炒め物です。きゅうりは水分が多いタネの部分を取ると、パリッと仕上がります。天ぷらはさつま揚げと呼ぶ地方もあるようですが、魚のすり身を揚げたもの。私の地域では長い板状のものが販売されています。とうがらしを入れず、しょうがを減らすと、子どもさんのおやつにもなります。

材料(作りやすい分量)
きゅうり… 300g(3本)
しょうが… 1かけ
赤とうがらし… 1/2本
かまぼこ… 1本
天ぷら(さつま揚げ)… 1本
ごま油… 大さじ1
A 塩… 少々
 酒… 大さじ1
 薄口しょうゆ… 小さじ1
炒りごま… 少々

作り方
1. きゅうりは横に3等分、縦に4等分し、タネを取る。

きゅうりは横に3等分、縦に4等分し、タネを取る


2. かまぼこは板から外し、きゅうりの長さに合わせて拍子木切りにする。天ぷらも同様に拍子木切りにする。

かまぼこは板から外し、きゅうりの長さに合わせて拍子木切りにする


3. しょうがは皮つきのまま薄切りにし、大き目の細切りにする。赤とうがらしは小口切りにする。

しょうがは皮つきのまま薄切りにし、大き目の細切りにする。赤とうがらしは小口切りにする。


4. フライパンにごま油を入れ強火で熱し、しょうが、赤とうがらしを入れて炒め、香りが立ったらきゅうりを加え、Aを順に入れる。中火にして、かまぼこ、天ぷらを入れて炒める。

フライパンにごま油を入れ強火で熱し、しょうが、赤とうがらしを入れて炒め、香りが立ったらきゅうりを加え、塩少々・酒大さじ1・薄口しょうゆ 小さじ1を順に入れる。

中火にして、かまぼこ、天ぷらを入れて炒める。 炒りごまをひねりながら振る。


5. 炒りごまをひねりながら振る。

まんのう町で採れたばかりの瑞々しいきゅうり

まんのう町で採れたばかりの瑞々しいきゅうりを使いました。

~~~
おつまみにも副菜にも使える意外なレシピ!ぜひご自宅でも再現してみてくださいね!

作=川原 恵美子

※この記事は川原 恵美子著の書籍『「田舎そば川原」恵美子さんの料理帖』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //