【簡単レシピ】ちょい辛&うまみたっぷりでごはんが進む!「高菜と厚揚げの炒め煮」 画像(1/3) 程よい酸味と塩けにご飯が進む

日本ではご飯のおともとしておなじみの高菜漬け。美食の国・台湾では料理に酸味やうまみをプラスする調味料的な使われ方をすることが多いよう。「高菜と厚揚げの炒め煮」は、厚揚げに高菜漬けのうまみをたっぷり吸わせた一品。ご飯にのせて食べれば、箸が止まらなくなるおいしさです。ピリ辛がお好みなら、仕上げにラー油をひとたらし。ビールのおつまみにも最適な、ちょい辛おかずの完成です。

【高菜と厚揚げの炒め煮】(カロリー211kcal、塩分1.7g)

<材料>(2人分)

厚揚げ1枚、高菜漬け50g、しょうがのせん切り1かけ分、赤とうがらしの小口切り1/2本分、水溶き片栗粉(片栗粉小さじ2、水大さじ1)、ごま油、酒、しょうゆ

<作り方>

(1)高菜漬けは汁けを絞って、2cm長さに切る。厚揚げは横半分、縦8等分に切る。

(2)フライパンにごま油小さじ2を中火で熱し、しょうがを加えて炒める。香りが立ったら厚揚げを加え、表面に焼き色をつける。高菜漬け、とうがらしを加えてさっと炒める。

【簡単レシピ】ちょい辛&うまみたっぷりでごはんが進む!「高菜と厚揚げの炒め煮」 画像(4/3) 高菜漬けは食感を残すために煮過ぎないのがポイント。高菜漬けに含まれるターメリックが厚揚げの表面をきれいな黄色に染める

(3)酒大さじ2、水3/4カップを加え、ひと煮立ちさせてアクを取る。しょうゆ小さじ1/2を加え、水溶き片栗粉でとろみをつける。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】