初夏のおつまみレシピ! ビールにぴったりのおすすめ春巻き2選 画像(1/4) かぼちゃの甘みとチーズの風味がよく合う
かぼちゃの甘みとチーズの風味がよく合う

調理=重信初江 撮影=鈴木泰介

カリッと揚げたての春巻き片手に、ビールをグビッ。う~ん、たまらない初夏のお楽しみです。具を皮で包んで揚げる春巻き、何を具にするかは自由自在。どうせなら、旬の食材を楽しみましょう。

おすすめは、この時期おいしい野菜&チーズの組み合わせ。カロリーが気になるなら、ミニサイズにして楽しむのもありですよ!

かぼちゃとチーズは好相性!「とりとかぼちゃの春巻き」

<材料・2人分>とりむね肉150g、下味(酒大さじ1、塩小さじ1/4、こしょう少々)、ピザ用チーズ50g、かぼちゃ200g、春巻きの皮6枚、水溶き小麦粉(小麦粉・水各大さじ1/2)、サラダ油

<作り方>

1.かぼちゃは大きめの一口大に切る。耐熱皿に並べてラップをふんわりとかけ、電子レンジで約2分加熱し、上下を返してさらに約1分加熱する。熱いうちにフォークで潰す。とり肉は細切りにし、下味をもみ込む。

2.春巻きの皮1枚を角を手前にして置き、中央手前にとり肉、かぼちゃ、チーズのそれぞれ1/6量をのせる。皮の手前を内側に折って、左右を折り込み、くるりと巻いて、巻き終わりは水溶き小麦粉をぬって留める。同様にあと5本作る。

3.フライパンに油大さじ4を熱してを2並べ入れ、弱めの中火で両面を2~3分ずつ揚げ焼きにする。こんがりと焼き色がついたら取り出し、油をきる。

(1人分685kcal、塩分1.3g、調理時間20分)

旬のとうがんを使って!「とうがんの春巻きチーズ揚げ」

初夏のおつまみレシピ! ビールにぴったりのおすすめ春巻き2選 画像(5/4) さめてもおいしいからお弁当のおかずにも
さめてもおいしいからお弁当のおかずにも

調理=祐成二葉 撮影=福岡拓

<材料・2人分>とうがん(正味)100g、青じそ8枚、スライスチーズ2枚、春巻きの皮2枚、小麦粉少々、揚げ油適宜、カレー粉適宜、塩、こしょう

<作り方>

1.とうがんはわたを除いて皮をむく。長さ5cmで1.5cm角の棒状に切る。チーズと春巻きの皮は正方形に4つに切る。小麦粉を水少々で溶いてのりを作る。

2.春巻きの皮に青じそ、チーズ、とうがんをのせ、塩、こしょう各少々をふる。皮の縁にのりをつけて手前、左右の順に折り、最後はくるりと巻く。

3.揚げ油を中温(170℃)に温め、2を表面がパリッとするまで揚げる。カレー粉と塩少々を混ぜ、添えていただく。

(1人分225kcal、塩分0.9g、調理時間20分)


あなたは今晩、どっちのレシピを選びますか?