常備しておきたい! とっておきのソースですぐ出来「冷製パスタ」レシピ 画像(1/3) 見るからにイタリアン!な冷製パスタがすぐ出来
見るからにイタリアン!な冷製パスタがすぐ出来

調理=野口真紀 撮影=日置武晴

ビタミンCを含み、コラーゲンを増やす効果もあるトマト。旬の野菜なので、特売になっていたら冷蔵庫で3~4日間保存可能の「フレッシュトマトソース」をぜひ作っておきましょう。

これが冷蔵庫にあれば、暑くて食欲のない日もスルスル食べられる「サーモンとトマトの冷製パスタ」があっという間に出来上がります。魚が苦手な子どももサーモンをパスタにのせれば喜んで食べてくれるはず。


【サーモンとトマトの冷製パスタ】

<材料・2人分>

「フレッシュトマトソース:作りやすい分量・約400g分:ミニトマト2パック<約400g>・塩小さじ1/2・オリーブ油大さじ2)」1カップ(でき上がり分から使う)、スモークサーモン4枚、おろしにんにく少々、カペッリーニなど好みのパスタ100g、塩、オリーブ油


<下ごしらえ>

常備しておきたい! とっておきのソースですぐ出来「冷製パスタ」レシピ 画像(4/3) 夏の冷蔵庫に常備しておきたいフレッシュトマトソース
夏の冷蔵庫に常備しておきたいフレッシュトマトソース

調理=野口真紀 撮影=日置武晴

フレッシュトマトソースを作る。ミニトマトは縦半分に切って保存容器に入れ、塩、オリーブ油を加えて混ぜる。

●すぐに使用可能だが、冷蔵庫で約3時間おくと水が上がって味もなじむ。

●冷蔵庫で3~4日間保存可能。(全量で337kcal、塩分3.0g)


<作り方>

1.パスタは塩適量を加えたたっぷりの熱湯で、袋の表示どおりにゆで、氷水にとって冷やし、水けをしっかりきる。サーモンは長さを3等分に切る。

2.ボウルに1、「フレッシュトマトソース」、おろしにんにく、オリーブ油少々を入れてあえ、器に盛る。好みで、ディルやバジルなどのフレッシュハーブを粗く刻んで散らす。

(1人分298Kcal、塩分2.0g)