【揚げないレシピ】何かと話題の“コンビーフ”で「主婦休みの日」のごちそう作り 画像(1/3) 揚げないから、油っぽくなくヘルシー

ちょっとみなさん! 今日が何の日だかご存知ですか!? 今日はなんと「主婦休みの日」でございます‼ ちなみに主婦休みの日とは、「家事という仕事を家族一緒に考える日」「夫や子どもが家事にチャレンジする日」「主婦が元気になってニッポンも元気になる日」とのこと。

というわけで、今日の夕食は家族に「コンビーフとさつまいもの焼きコロッケ」を作ってもらいましょう。コンビーフといえば、最近自虐ツイートで話題の某コンビーフさんも、「主婦休みの日」についてつぶやいていらっしゃったような……。加熱せずに食べられて保存がきく缶詰は、忙しい主婦の味方。こちらのコロッケも火を使わずに作れるので、料理に不慣れな夫や子どもにも安心して任せることができますよ。

 

【コンビーフとさつまいもの焼きコロッケ】

<材料>(2人分)

コンビーフ80g、ミニトマト2個、さつまいも大1本(約250g)、サラダ菜2枚、ころも(小麦粉適量、溶き卵1個分、パン粉1/2カップ)、粗びき黒こしょう、オリーブ油

<作り方>

(1)ミニトマトは縦横半分に切る。さつまいもは皮つきのままラップに包み、500Wの電子レンジで約6分加熱する。取り出して粗熱がとれたら皮をむき、一口大に切ってボウルに入れる。

(2)コンビーフをくずしながら加え、全体をフォークなどで潰し、こしょう少々を加えて混ぜ合わせる。4等分にして少し平たい丸形に成形し、ころもを小麦粉・溶き卵・パン粉の順につける。


【揚げないレシピ】何かと話題の“コンビーフ”で「主婦休みの日」のごちそう作り 画像(4/3) オリーブ油をかけて、オーブントースターで焼き色をつける。揚げるよりも油を少量にできる

(3)オーブントースターの受け皿にオーブン用ペーパーを敷き、2を並べる。上からオリーブ油適量をスプーンでかけ、約10分焼く。器に盛り、サラダ菜、ミニトマトを添える。

(349kcal、塩分0.9g、調理時間25分)