土鍋をしまう前に! にんにくとラー油でパンチ抜群「中華風ラー油角煮」 画像(1/2) 「中華風ラー油角煮」

やわらかくて豚肉のうまみが凝縮されている「角煮」。自宅で作るにはハードルが高そうですが、土鍋を活用した「中華風ラー油角煮」なら気軽にチャレンジできます。にんにくの風味とラー油のピリ辛味で、パンチを効かせた料理に仕上げましょう。

調理する際のポイントは、2回に分けて熱を入れること。まず1回目の煮込みでアクを取り除きます。この時にねぎの青い部分と一緒に煮ることで風味がアップ。そして2回目の加熱では30分ほど火にかけたあと、余熱でじっくりと味をしみ込ませましょう。毛布でくるんでおけばいいので、ガス代や電気代の節約にもなりますよ♪


中華風ラー油角煮

【材料・4〜5人分】

豚バラかたまり肉 800g、しいたけ 6~8枚、チンゲンサイ 2株、長ねぎの青い部分 1本分、しょうがの薄切り 4枚、にんにく 8片、煮汁(しょうゆ 大さじ6、砂糖、ラー油 各大さじ1と1/2、酒 大さじ1、水 3と3/4カップ)、塩、酒

【作り方】

1. しいたけはかさと軸に分け、軸は手で細かく裂く。チンゲンサイは塩を入れた熱湯でさっとゆで、四つ割りにして、長さを半分に切る。豚肉は4cm幅に切る。

土鍋をしまう前に! にんにくとラー油でパンチ抜群「中華風ラー油角煮」 画像(3/2) 「中華風ラー油角煮」

2. フライパンを油をひかずに温め、豚肉の脂身を下にして並べ入れる。途中2~3回、脂をペーパータオルで拭き取り、全体にうすく焼き色がつくまで返しながら焼きつける。

3. ねぎの青い部分を2~3等分に切り、土鍋に豚肉、水5カップ、酒70ml、しょうがとともに入れて火にかける。煮立ったらアクを除いてごく弱火にし、ふたをして約30分、途中2~3回アクを除きながら煮る。豚肉のみを取り出し、ゆで汁などは捨てる。

4. 土鍋をきれいにし、豚肉、煮汁の材料を入れて火にかける。煮立ったらごく弱火にしてにんにく、しいたけを軸とともに加え、ふたをして約30分、時々全体を返しながら煮る。

5. 土鍋を火からおろして毛布でくるみ、さめるまでおく。このとき、土鍋の下に厚手のふきんやタオルを敷くと、熱で毛布がいたむのを防げる。さめたら白く固まった脂を除き、容器にとりおく。好みで炒めものなどに使うとよい。

6. 土鍋を毛布から取り出し、チンゲンサイを加えて再び火にかけ、ふつふつとしたらごく弱火にして温める。このとき、ぐらぐら煮立たせると肉がかたくなるので注意する。

(1人分602Kcal、塩分2.1g)

豚肉は調理の途中で別の容器に取り分けておくと、ほかの料理にも利用することができます。ラーメンやチャーハンなどの中華風はもちろん、ポテトサラダやカレーのトッピングにも◎。1品でバリエーションが増えるので、ぜひ試してみてくださいね。