ひと皿作るだけでOK! 意外な組み合わせがクセになる「アレンジ主食」5選 画像(1/5) 「豚のしょうが焼きスパゲッティ」

家庭でよく作る定番メニューも、組み合わせ次第で新たなおいしさに出会えます。和の定食をパスタにしたり、人気の洋食を和風にアレンジしたりとバリエーションも豊か。今まで味わったことのない斬新なコラボレーションは、マンネリ打破にきっと役立つはずです。1皿でお腹も舌も満足できる料理を作って、みんなで味わってみてはいかが?

豚のしょうが焼きスパゲッティ

【材料・2人分】

豚ロースしょうが焼き用肉 200g、下味(塩、こしょう 各少々、小麦粉 大さじ1)、玉ねぎ 1/2個、レタス 1/4個、スパゲッティ 160g、しょうがだれ(しょうゆ、酒 各大さじ1と1/2、おろししょうが、砂糖 各小さじ2)、塩、サラダ油、マヨネーズ、七味とうがらし

【作り方】

1. 玉ねぎは横1cm幅に切る。レタスはせん切りにし、1~2分水にさらしてざるにあける。

2. 豚肉は筋切りし、4~5cm幅に切って、下味の材料を順にまぶす。

3. スパゲッティは塩適量を入れた熱湯で、袋の表示どおりにゆで始める。

4. フライパンに油大さじ1/2を熱し、2を並べて焼く。焼き色がついたら上下を返し、玉ねぎを加えて時々返しながら一緒に焼く。

5. 玉ねぎがしんなりしたら、しょうがだれを加える。ゆで上がったスパゲッティも湯を軽くきって加えて混ぜる。汁けがほとんどなくなるまで炒め合わせ、器に盛る。レタスを添え、マヨネーズ、七味各適量も添える。好みで紅しょうがを添えても。

(1人分698Kcal、塩分3.6g)

豚肉を加熱調理する前に筋切りすると、食感をやわらかくできます。筋切りをする際は、赤身と脂身の間にある半透明の部分に包丁で何カ所か切り目を入れればOK。肉の形がくずれるのも防ぐことができるので、ぜひ覚えておきましょう。

カレーハンバーグペンネ

ハンバーグを焼いたフライパンでルウを溶かせば、肉のうまみを感じられるカレーを作れます。ゆで上がったペンネにたっぷりかけて召し上がれ。

ひと皿作るだけでOK! 意外な組み合わせがクセになる「アレンジ主食」5選 画像(3/5) どれから食べようか迷っちゃう!?「カレーハンバーグペンネ」

チキン南蛮スパゲッティ

タルタルソースとしょうゆだれで本格的な味に。最後に万能ねぎをのせて彩りをアップさせます。

ひと皿作るだけでOK! 意外な組み合わせがクセになる「アレンジ主食」5選 画像(6/5) 「チキン南蛮スパゲッティ」

土手鍋風ドリア

豆腐入り和風ホワイトソースがクリーミー。豆腐の水分を活かすため、水きりせずにそのまま使ってくださいね。

ひと皿作るだけでOK! 意外な組み合わせがクセになる「アレンジ主食」5選 画像(10/5) 「土手鍋風ドリア」

オムハヤシドリア

卵は火を通しすぎず、半熟になったら火を止めます。ハヤシソースではさむようにすると、ふんわり感が残って◎。

ひと皿作るだけでOK! 意外な組み合わせがクセになる「アレンジ主食」5選 画像(15/5) 「オムハヤシドリア」

複数の料理を同時に作る時は手際が肝心。すべてのメニューを一気に仕上げられるように、手順をしっかり確認してから作り始めましょう。