土手鍋風ドリア

時短でラク
508kcal
3.3g
12min
土手鍋風ドリア
土手鍋風ドリア

ダブル大豆製品で相性よし。ご飯にも合う

材料(2人分)

  • 和風ホワイトソース(作りやすい分量)
  •  ・絹ごし豆腐…2/3丁(約200g)
  •  ・マヨネーズ…大さじ2
  •  ・白すりごま…大さじ1
  •  ・塩…小さじ1/2
  •  ・こしょう…少々
  • 土手鍋風ドリア
  •  ・和風ホワイトソース(でき上がり分より使う)…全量
  •  ・かき…10個
  •  ・粉チーズ…大さじ2
  •  ・エリンギ…1/2パック(約50g)
  •  ・しめじ…1/2パック(約50g)
  •  ・温かいご飯…茶碗2杯分
  •  ・みそ、サラダ油
和風ホワイトソース(作りやすい分量)
 ・絹ごし豆腐…2/3丁(約200g)
 ・マヨネーズ…大さじ2
 ・白すりごま…大さじ1
 ・塩…小さじ1/2
 ・こしょう…少々
土手鍋風ドリア
 ・和風ホワイトソース(でき上がり分より使う)…全量
 ・かき…10個
 ・粉チーズ…大さじ2
 ・エリンギ…1/2パック(約50g)
 ・しめじ…1/2パック(約50g)
 ・温かいご飯…茶碗2杯分
 ・みそ、サラダ油

下ごしらえ

  1. 和風ホワイトソースを作る。ボウルに豆腐、マヨネーズ、すりごま、塩、こしょうを入れ、泡立て器でなめらかになるまで混ぜ合わせる。
    豆腐の水分を生かすため、水きりはしなくてOK。ほかの材料とともにボウルに入れて泡立て器で混ぜるだけ。

作り方

  1. エリンギは四〜六つ割りにし、3〜4cm長さに切る。しめじは小房に分ける。和風ホワイトソースにみそ大さじ1を加えて混ぜる。
  2. フライパンに油小さじ1を熱し、1のきのこを入れて炒める。きのこがしんなりしたらかきを加え、さっと炒める。かきが膨らんだら火を止める。
    かきは加熱し過ぎると水分が抜けてかたくなってしまうので注意。さっと炒めてぷっくりとふくらんだら火を止めて。
  3. 耐熱容器の内側に油少々をぬり、ご飯を入れる。2をのせ、1のソースをかける。粉チーズをふり、オーブントースターに入れて7〜8分、こんがりと焼き色がつくまで焼く。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 木村拓

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

かき
かき
「海のミルク」と呼ばれるほど、栄養価が高く、うまみも豊かなかき。一般に流通しているのは「…

基本の扱い方

塩水で洗う(1)

かきをざるにあけ、塩をたっぷりふります。

塩水で洗う(2)

塩を全体にまぶすように、ざるを約1分揺すります。汚れとともに、余分な水分が抜けて、身がしまります。

塩水で洗う(3)

流水でよく洗い流します。ひだの内側に汚れがたまりやすいので、指先でやさしくこするとよいでしょう。また、貝柱部分には、殻が残っている場合があるので注意して。殻がついている場合は除きます。

塩水で洗う(4)

3〜4個まとめてペーパータオルで軽く押さえて水けをふきます。

よりきれいに仕上げたいときは(A)

大根おろしまたは、片栗粉をまぶして洗います。
<大根おろしを使う場合>かき、大根おろし適宜、塩少々を合わせ、手早くもんで汚れを落とします。大根おろしが灰色に変わったら、流水で洗い流して。

よりきれいに仕上げたいときは(B)

<片栗粉を使う場合>かき、片栗粉適宜、塩少々を合わせ、手早くもんで汚れを落とします。流水で粉ごとしっかり洗い流します。

ふっくらのコツ

さっと湯通しします

炒めたり、フライにする前に湯通しします。表面を加熱することで膜ができ、再加熱しても縮みにくくなります。熱湯につけるとすぐにぷくっとふくらみ、身が白っぽくなるので、すばやく引き上げて。生食用でも気になる場合は、軽く火を通すと安心。ざるに入れて熱湯にさっとくぐらせ、すぐに氷水にとって身を締めます。

エリンギ
エリンギ
エリンギは、本来は日本では自生しないきのこで、流通しているものは、温度・湿度管理のもとに…

基本の扱い方

手で裂く

縦に半分に裂いて、さらに2〜3等分に裂きます。根元に包丁で切り目を入れると裂きやすくなります。

しめじ
しめじ
一般にしめじや本しめじの名前で売られているのは、「ぶなしめじ」や、「しろたもぎだけ」、「…

基本の扱い方

石づきを切る

火の通りが早いので炒めもの、煮もの、さっとゆでてサラダにといろいろな料理に使えます。それに面倒な下ごしらえも不要。石づきのかたいところだけを包丁で切り落とします。

小房に分ける

手で裂いて食べやすい分量に分けます。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //