背中のハミ肉さようなら! 脂肪が燃えやすい体になる「やせグセ」ポーズ 画像(1/9) カリスマトレーナー・横手さんが「やせグセ」をつけるメソッドを伝授

1週間続ければ、無理なく自然に「やせグセ」がつき、さらに続ければ、やせ体質になって太らない体も夢じゃない! 多くの人気モデルや女優の体形を変えてきたカリスマトレーナー・横手貞一朗さんが教えてくれた、とっておきメソッド。「やせグセ」をつけて二度と太らない体を手に入れちゃいましょう♪

肩甲骨ゆるめポーズ

上半身スッキリ、バストもアップ。背中のハミ肉にもサヨナラ!

1. 腕を伸ばす

背中のハミ肉さようなら! 脂肪が燃えやすい体になる「やせグセ」ポーズ 画像(3/9) 【写真を見る】胸を張って、腕を伸ばす。肩を上げないよう注意して。5呼吸キープ

右手で、左手首の骨と骨の間辺りをしっかり握り、右腕を後ろへ引っ張るように左肩から腕の筋肉を伸ばす。そのまま息を 3秒吸って、3秒吐くのを 5回繰り返し、反対側も同様に。

【POINT】耳のつけ根から、肩のとがっているところを離す。

背中のハミ肉さようなら! 脂肪が燃えやすい体になる「やせグセ」ポーズ 画像(6/9) 顔は正面に向けたまま!がポイント

2. 肩甲骨を寄せる

背中のハミ肉さようなら! 脂肪が燃えやすい体になる「やせグセ」ポーズ 画像(10/9) 後ろで手を組んで、肩甲骨をギュッと寄せ、胸をしっかり開く。5呼吸キープ

後ろで手を組み、腕を上げます。肩甲骨をギュッと寄せ胸をしっかり開くこと。呼吸は止めずに、深い呼吸を常に意識しながら、3秒吸って、3秒吐くのを5回繰り返す。

【POINT】肩甲骨を思い切り寄せて。

背中のハミ肉さようなら! 脂肪が燃えやすい体になる「やせグセ」ポーズ 画像(15/9) 呼吸を止めずに、肩甲骨を寄せよう

横手さんadvice:かたくなっていた胸の関節や筋肉をやわらかくしよう。深い呼吸ができるようになり、脂肪が燃えやすい体に。

腸腰筋伸ばしポーズ

体幹の中心・腸腰筋(ちょうようきん)が柔軟になり、代謝のいい体になる!

1. 大きく一歩踏み出す

背中のハミ肉さようなら! 脂肪が燃えやすい体になる「やせグセ」ポーズ 画像(21/9) 姿勢を正して、足をそろえてまっすぐ立つ。重心は後ろに
背中のハミ肉さようなら! 脂肪が燃えやすい体になる「やせグセ」ポーズ 画像(28/9) 上のポーズから大きめの歩幅で一歩前へ踏み出す。体の軸はまっすぐに

姿勢を正し、足をそろえてまっすぐ立ち、大きめの歩幅で右足を1歩前に出す。骨盤が正面を向きまっすぐ立っている状態を意識して、つま先は両方ともまっすぐ前へ。

2. ひざを床につける

背中のハミ肉さようなら! 脂肪が燃えやすい体になる「やせグセ」ポーズ 画像(36/9) ひざを床につける。腸腰筋を意識しながら5呼吸キープ
背中のハミ肉さようなら! 脂肪が燃えやすい体になる「やせグセ」ポーズ 画像(45/9) 顔とつま先はまっすぐ前へ

腰を沈め、左ひざを床につける。腸腰筋を意識しながら、このポーズのまま息を3秒吸って、3秒吐くのを5回繰り返す。1に戻り、反対側の脚も同様に。

なんと、どちらのポーズも左右1回ずつやればOK! 呼吸を意識して、酸素を体じゅうに巡らせながら代謝アップを目指しましょう。

監修=横手貞一朗 撮影=中村利和(BOIL) モデル=加藤菜美(Positive Link) 編集協力=黒木博子(smile editors)