いつもの味をイメチェンできる♪ 使い道いろいろな手作り塩だれ3選 画像(1/3) 「しょうが塩だれ」

塩だれは、焼いた肉や野菜、豆腐などにかけるだけで抜群のおいしさを発揮します。塩と香味野菜、ごま油などを組み合わせれば、シンプルながらパンチのきいた味わいに。1度作れば数日間は保存できるので、冷蔵庫に常備しておくのもおすすめです。作り方はとっても簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。

しょうが塩だれ

【材料・作りやすい分量・約1カップ分】

しょうがのせん切り 2かけ分、おろしにんにく 1/2片分、万能ねぎの小口切り 3本分、きゅうり 1本、レモン汁 大さじ3~4、ごま油 大さじ4、砂糖 大さじ1、塩 小さじ1と1/2、こしょう 少々

【作り方】

1. しょうが、おろしにんにく、万能ねぎをボウルに入れる。

2. きゅうりは縦半分に切って種を除き、3cm長さのせん切りにして加える。レモン汁、ごま油、砂糖、塩、こしょうを加えて混ぜる。

※保存容器に入れ、冷蔵庫で2~3日保存可能。

(全量で519Kcal、塩分8.9g)

せん切りにしたしょうがやきゅうりの歯ごたえがGOOD。レモン汁のさわやかな酸みがよいアクセントになっています。淡泊な白身魚にもぴったりなので、カルパッチョなどに利用してみて。

ねぎ塩だれ

みじん切りにしたねぎと調味料を混ぜ合わせるだけで完成します。火を使わず作れるのでラクチン。

いつもの味をイメチェンできる♪ 使い道いろいろな手作り塩だれ3選 画像(3/3) 【写真を見る】酢が味を引き締める!「ねぎ塩だれ」

うま塩ねぎだれ

とりガラスープの素でコクをアップ。鍋で煮立てる時は、長ねぎが焦げないように気をつけてくださいね。

いつもの味をイメチェンできる♪ 使い道いろいろな手作り塩だれ3選 画像(6/3) 「うま塩ねぎだれ」

塩だれの使い道は無限大。これからの時期にはひんやり冷たいメニューにかけてもいいかもしれません。あれこれ試して、お気に入りの活用法を探してみては?