余った時の活用にも! おつまみの定番・さきいかで作れる副菜3選 画像(1/3) 「さきいかにんじん」

メインディッシュを引き立てる副菜ですが、ただなんとなく作っていると似たようなメニューばかり並べてしまうことも。そんな時は、目新しい食材を取り入れた料理にチャレンジしてみましょう。今回は、さきいかで作れる副菜3選をご紹介。おつまみでは定番のさきいかが、副菜としても意外なおいしさを発揮してくれますよ。

さきいかにんじん

【材料・2人分】

さきいか 35g、にんじん 1/2本、あれば粉ざんしょう 少々、しょうゆ、みりん

【作り方】

1. さきいかは手で細く裂く。にんじんは6~7cm長さの細切りにする。

2. ボウルにしょうゆ、みりん各大さじ1を入れ、1を加えてあえる。

3. 器に盛り、粉ざんしょうをふる。

(1人分86Kcal、塩分2.5g)

にんじんは生のまま細切りにし、コリコリした歯ごたえを残します。やわらかいさきいかと一緒にあえれば、食感の違いを楽しめる1品に。最後に粉ざんしょうをふって、香りよく仕上げてくださいね。

ごぼうとさきいかのコチュジャン漬け

ポリ袋に入れて、食材と調味料を混ぜ合わせるだけででき上がり。冷蔵庫で30分以上おけば食べごろです。

余った時の活用にも! おつまみの定番・さきいかで作れる副菜3選 画像(3/3) 冷蔵庫で1週間保存可能!「ごぼうとさきいかのコチュジャン漬け」

ゆで卵とチーズのラー油あえ

ゆで卵とクリームチーズに「海鮮風あと引きラー油」をプラスします。にんにくをたっぷり加えたパンチのある味わいを楽しんで。

余った時の活用にも! おつまみの定番・さきいかで作れる副菜3選 画像(6/3) 「ゆで卵とチーズのラー油あえ」

一度封を開けてしまったさきいかは、密閉してから冷蔵庫で保管するのがベター。食べきれずに余ってしまった場合は、風味を損なわないうちに副菜として活用しましょう。