バターを使ってコクあり♪ 秋を感じる「きのこのパスタ」5選 画像(1/5) 「和風カルボナーラ」

スーパーで手に取るきのこは人工栽培のものが多いですが、そうは言ってもやはり「きのこ」と言えば秋! 手軽に作れるパスタにプラスして、秋を感じてみませんか? バターを使えばコクも出て、食べ応えのある一皿になりますよ!

和風カルボナーラ

【材料・2人分】

とりもも肉 小1枚(約100g)、卵黄 2個分、エリンギ 2本、しめじ 1パック、にんにくの薄切り 1片分、焼きのり 1/2枚、スパゲッティ 160g、塩、オリーブ油、バター、こしょう、しょうゆ

【作り方】

1. とり肉は一口大のそぎ切りにする。エリンギは縦に5mm幅に切り、長いものは長さを半分にする。しめじは石づきを除いて小房に分ける。

2. スパゲッティは塩適宜を加えたたっぷりの熱湯で、袋の表示どおりにゆではじめる。

3. フライパンにオリーブ油大さじ1とバター大さじ1を溶かし、にんにく、とり肉を入れて強火にする。とり肉に焼き色がついたら、1のきのこを加える。きのこがしんなりしたら、塩小さじ1/2、こしょう少々、しょうゆ大さじ1/2を混ぜる。

4. スパゲッティがゆで上がったら、バター大さじ1、ゆで汁大さじ2~3とともに、3に加えて混ぜる。火から下ろして、卵黄を加えてさらに混ぜる。とり肉、きのこやパスタを混ぜたら、卵黄を加える。火を止めてから加えると、余熱でねっとりと仕上がる。

5. 器に4を盛り、のりをちぎって散らす。

(1人分594Kcal、塩分2.4g)

濃厚で口当たりもよい「卵黄」が味の決め手。卵黄は火を止めてから加えると、フライパンの余熱でよりまろやかな仕上がりになります。最後にちぎった焼きのりをまんべんなく散らせばでき上がり♪

きのこ入りたらこスパゲッティ

たらこのプチプチとした食感がアクセントに。青じそをのせることで、さわやかな風味を楽しめます。

バターを使ってコクあり♪ 秋を感じる「きのこのパスタ」5選 画像(3/5) たらこマヨソースが味の決め手!「きのこ入りたらこスパゲッティ」

和風きのこチーズパスタ

甘じょっぱだれを作るときは酒、しょうゆ、みりんをしっかりひと煮立ちさせましょう。とろけるチーズとまろやかなバターでコクもアップ。

バターを使ってコクあり♪ 秋を感じる「きのこのパスタ」5選 画像(6/5) 「和風きのこチーズパスタ」

きのこバターじょうゆ焼きスパ

ベーコンの塩けとバターの甘みが相性抜群! しめじは手で裂いて小房に分けると食べやすくなります。

バターを使ってコクあり♪ 秋を感じる「きのこのパスタ」5選 画像(10/5) 「きのこバターじょうゆ焼きスパ」

カリフラワーとしめじのカルボナーラ

卵×粉チーズのクリーミーな味がやみつきになるかも。ピリッとした粗びき黒こしょうも味わえるので、豊富なテイストを楽しんでみて。

バターを使ってコクあり♪ 秋を感じる「きのこのパスタ」5選 画像(15/5) 「カリフラワーとしめじのカルボナーラ」

「しめじ」はかさが小さくて黒褐色のものを、「しいたけ」はかさの肉づきがよいものを選ぶと◎。さまざまな種類のきのこを組み合わせて調理すれば、おいしさがさらに増すのでぜひ試してみてください。