低カロリーなのに大満足! 食物繊維も豊富なこんにゃくを使ったステーキ 画像(1/2) 「こんにゃく照り焼きステーキ」

「ステーキ」となると一瞬ハードルが高くなりがちですが、そんな時はこんにゃくを使ってみてはいかが?

今回は、そんなこんにゃくを使った「照り焼きステーキ」をご紹介。ワンポイントアドバイスは、こんにゃくの表面に格子状に切り目を入れること。すると余分な水分が抜けて味がしみ込みやすくなり、テイストがレベルアップします。またこんにゃくには豊富な食物繊維が含まれているので、腸内バランスを整えたいときにもぴったりな1品♪

こんにゃく照り焼きステーキ

【材料・2人分】

こんにゃく 2枚(約600g)、トマト 1/2個、クレソン 1束、ホールコーン缶 適量、ソース(酒 大さじ3、砂糖 小さじ1/2、しょうゆ、オイスターソース 各大さじ1)、サラダ油、バター、粗びき黒こしょう

【作り方】

1. こんにゃくは両面に格子状に浅く切り目を入れ、厚みを半分に切る。熱湯でゆでこぼし、ペーパータオルでしっかりと水けを拭き取る。トマトは縦4等分に切る。表面に格子状に切り目を入れてから調理することで、余分な水分が抜け、味がしっかりとしみこみ、よりおいしくなる。

2. フライパンに油大さじ1を熱し、こんにゃくを並べ入れる。こんがりと焼き色がついたら上下を返し、同様に焼き、余分な油を拭き取る。ソースの材料を加え、両面にからめながら焼く。

3. 器に盛り、バター10gをのせる。こしょうを多めにふり、クレソン、トマトと、コーンを缶汁をきって添える。

(1人分157Kcal、塩分2.5g)

こんにゃくを長く保存したい際は、袋に入っている液体を活用しましょう。一見普通の水に見えますが、正体は“アルカリ水”。水道水につけて冷蔵保存するよりも、アルカリ水を使った方が日持ちします。液体は捨てずに残しておいて、再利用してみて。

低カロリーなのに大満足! 食物繊維も豊富なこんにゃくを使ったステーキ 画像(3/2) こうばしい香りが食欲をそそる「こんにゃくステーキのガーリックバターしょうゆソース」