卵黄でまろやか~♪ カリっと焼いたベーコンを使ったカルボナーラ丼3選 画像(1/3) 「カルボナーラ丼」

幅広い世代から愛されている「カルボナーラ」。ベーコンや黒こしょうとマッチした、卵黄のソースがたまりません。旨みのあるソースは“ご飯”にも応用ができ、普段づかいの料理でも活躍します。今回は、カリッと焼いたベーコンのカルボナーラ丼をご紹介。マンネリ打破として、ぜひ一度試してみては?

カルボナーラ丼

【材料・2人分】

ベーコン(ブロック)100g、卵 2個、卵黄 2個分、生クリーム 大さじ3、粉チーズ(パルミジャーノ・レッジャーノ) 大さじ4、にんにく 1片、玉ねぎ 1/4個、温かいご飯 どんぶり2杯分、白ワイン 大さじ2、オリーブ油、塩、粗びき黒こしょう

【作り方】

1. にんにくは包丁の腹でつぶす。玉ねぎは1cm角に切る。ベーコンは7~8mm角、3cm長さの棒状に切る。

2. フライパンにオリーブ油大さじ1と1/2、にんにくを入れて弱火にかけ、にんにくがきつね色になるまで、時々フライパンを揺すりながら炒める。ベーコンを加えて炒め、脂が出てきたら玉ねぎを加えて塩、こしょう各少々をふり、玉ねぎがうすく色づくまで約10分じっくりと炒める。

3. ボウルに卵、卵黄、生クリーム、チーズ、塩小さじ1/4、こしょう少々を入れて菜箸で混ぜる。

4. 2のにんにくを取り除いてワインを加え、火を強めてアルコール分をとばす。湯大さじ2を加えて火を止め、3を加えて混ぜる。再びごく弱火にかけてとろみがつくまで混ぜる。

5. 器にご飯を盛り、4をかけてこしょう少々をふる。好みでルッコラをざく切りにしてのせても。

(1人分909Kcal、塩分2.9g)

にんにくを包丁の腹でつぶしたあと、きつね色になるまで炒めましょう。香りがじゅうぶんに立ったら、ベーコンと玉ねぎをじっくり加熱。ワインを加えて具材にコクを出したら、あとはご飯にのせて完成です。

カルボナーラご飯

小さめのボウルに、卵黄や粉チーズなどを入れてよく混ぜてください。こんがり焼けた卵黄とベーコンが香ばしい一品。

卵黄でまろやか~♪ カリっと焼いたベーコンを使ったカルボナーラ丼3選 画像(3/3) カリッとした食感がGOOD!「カルボナーラご飯」

濃厚カルボ丼

卵液は火を通しやすいので、温める際は余熱だけで◎。アボカドのほのかな甘さがあとを引きます。

卵黄でまろやか~♪ カリっと焼いたベーコンを使ったカルボナーラ丼3選 画像(6/3) 「濃厚カルボ丼」

上質なバラ肉のベーコンは、赤身と脂肪の層がきれいに重なっています。赤身が多いと塩味が強い証なので、料理をする際は上手に使い分けてくださいね。