冬野菜たちがお鍋に集合♪ 旬食材のうまみがしみ込んだ「冬野菜の和風シチュー」 画像(1/2) 「冬野菜の和風シチュー」

冬野菜の濃厚なうまみを味わいたいなら、シチューにアレンジするのがおすすめ。あえてルウを使わずさらりと仕上げると、素材そのものの甘みを堪能できます。パンにもご飯にも合うメインディッシュなので、作り方をぜひ覚えておきましょう。

今回は、「冬野菜の和風シチュー」をご紹介。だし汁をスープのベースにして、うす口しょうゆやホールトマトでコクをプラスします。旬まっさかりの根菜類をじっくり煮込めば、口の中でほろりとくずれるやさしい歯ごたえに。器に盛りつけてから小口切りにしたわけぎを散らし、彩りと風味のアクセントにしてくださいね。

冬野菜の和風シチュー

【材料・2人分】

牛ももこま切れ肉 200g、ごぼう 20㎝(約100g)、里いも 4個(約300g)、玉ねぎ 小1個、ホールトマト缶 約1/3缶(約120g)、わけぎの小口切り 2本分、だし汁 3カップ、うす口しょうゆ(またはしょうゆ) 大さじ1、塩、こしょう

【作り方】

1. ごぼうはたわしでよく洗い、めん棒などでたたいて3cm長さに切り、水に約5分放してアク抜きをする。里いもは斜め半分に切る。玉ねぎは六つ割にする。牛肉は塩、こしょう各少々をふる。

2. 土鍋にだし汁を入れて火にかけ、煮立ったら、牛肉を一口大に手で丸めながら落とし入れる。アクを抜き、ごぼう、里いも、玉ねぎを加え、ホールトマトもつぶして缶汁ごと加える。煮立ったら弱火にし、ふたをして20~25分煮る。

3. 2にうす口しょうゆを加えて調味する。食べるときにわけぎを添える。食べるときには、わけぎを添えて。彩りもよく、味のアクセントにもなる。

(1人分342Kcal、塩分2.6g)

ごぼうの味や香りは皮の近くにあるので、皮をむきすぎないことが大切です。汚れや黒ずみが気になる場合は、包丁の背で表面の薄い皮をこそげてもOK。カットしたあとは変色しやすいので、5分ほど水につけてアク抜きしましょう。

冬野菜たちがお鍋に集合♪ 旬食材のうまみがしみ込んだ「冬野菜の和風シチュー」 画像(3/2) 和風シチューなら「牛肉と根菜のみそシチュー」もお試しあれ♪