お正月を迎える前に!「白菜と鮭のみぞれ鍋」で疲れた胃をリセットしよう 画像(1/1) 鮭を散らして見た目にも満足!

クリスマスや忘年会で暴飲暴食をしてしまった……というあなた。お正月を迎える前に、「白菜と鮭のみぞれ鍋」で疲れた胃をいたわりましょう。こちらの鍋にはたっぷりの大根おろしが入っていますが、大根には胃もたれを解消し、消化を促進する酵素、アミラーゼやジアスターゼなどが豊富に含まれています。ただし、大根に含まれる消化酵素の中には熱に弱いものもあるため、鍋に加えたらできるだけ早く火を止めること。大根の辛みが苦手な人は、甘みの強い大根の真ん中部分を使いましょう。


白菜と鮭のみぞれ鍋

【材料】(2人分)

白菜 小1/2株(約650g)、大根 1/2本、生鮭 2切れ、えのきたけ 1袋(約100g)、煮汁(だし汁 4カップ、酒 大さじ2、塩 小さじ1、しょうゆ 少々)、ポン酢じょうゆ


【作り方】

1.白菜は5~6cm長さ、5~6mm幅に切る。えのきたけは長さを2~3等分に切る。大根はすりおろして軽く汁けをきる。

2.鮭は熱湯で約1分ゆで、湯をきって皮と骨を取り除き、粗くほぐす。

3.土鍋に煮汁の材料と白菜を入れて中火にかけ、煮立ってきたらえのきたけを加える。ふたをして白菜が好みの加減より少しかために火が通ったら、鮭を加えてさらに約5分煮る。大根おろしをのせ、さっと煮る。器にとり、ポン酢じょうゆ適量をかけて食べる。

(1人分212kcal、塩分2.9g)