おいしすぎて罪。カレー&ホワイトソースが絶品すぎな「カレードリア」 画像(1/3) 前日に残ったカレーが大変身!

前日のカレーがあまっていたら、これを作らずにはいられません! もはや我が家では、このためにカレーを作るといっても過言ではないメニューが「カレードリア」です。カレーと炒め合わせることでうまみがグンとアップしたご飯に、まろやかなホワイトソースと濃厚なチーズが絡まって、それはもう思い出すだけでもヨダレが出てしまうほどのおいしさ。ホワイトソースは冷凍庫で3週間ほど保存可能なので、グラタンやクリームパスタ、シチューなどのアレンジメニューも楽しめます。


カレードリア

【材料】(2人分)

ゆで卵 1個、生クリーム 1/4カップ、ピザ用チーズ 40g、ご飯 茶碗1杯分、ホワイトソースの素 1回分(材料は4回分:牛乳 3カップ、バター 70g、小麦粉 70g、ナツメグ 少々、塩、こしょう 少々)、カレー(作りおきまたはレトルト) 1食分(約200g)、塩、こしょう、バター


【下ごしらえ】

1.直径20cmくらいの鍋にバターを溶かし、小麦粉を加える。

2.弱火にして、木べらで粉っぽさがなくなるまで炒める。よく炒めることで、粉臭さがなくなる。

3.2に牛乳をすこしずつ加えては、まとまるまで練ることを繰り返す。塩、こしょう、を加え、ナツメグをふる。

4.3の粗熱をとり、1回ずつラップで包んで、冷凍保存する。冷凍庫で3週間保存可能。使うときには解凍して。


【作り方】

1.ボウルにホワイトソースの素を入れ、生クリームを加えて混ぜる。ゆで卵は殻をむいて、5mm厚さの輪切りにする。

2.フライパンにカレーを入れて火にかけ、煮立ったら、ご飯を加えて炒め合わせ、塩、こしょう各少々をふる。

おいしすぎて罪。カレー&ホワイトソースが絶品すぎな「カレードリア」 画像(3/3) フライパンでカレーを温めたら、ご飯を入れて、炒め合わせる。こうすると、最後までカレー味を楽しめる

3.グラタン皿などの耐熱容器の内側にバターをごく薄くぬり、2を入れ、1のホワイトソースをかけ、ゆで卵をのせてチーズをふる。オーブントースターで表面に焼き色がつくまで8~10分焼く。

(1人分605kcal、塩分2.4g)