豚の角煮を沖縄風に♪ 泡盛でさっぱり仕上げる「ラフテー」にチャレンジ! 画像(1/2) 「ラフテー」

「かたまり肉」は、普段の食事からおもてなしの1品としてまで使える便利なアイテム。時間をかけて煮込めばうまみが増し、食べごたえもじゅうぶんなメインディッシュに。砂糖としょうゆが織り成す甘辛味と、とろけるような口当たりがたまりません。

今回は、泡盛でさっぱり仕上げた「ラフテー」をご紹介。初めにゆで豚を作り、余分な脂肪をカットしましょう。だしの出たゆで汁は捨てずに、ゆで上がった豚肉とともに鍋の中へ。調味の際はしょうゆを二度に分けて加え、香りをアップさせるのがポイントです。器に盛りつけたら、せん切りにしたしょうがを添えて召し上がれ。

ラフテー

【材料・2人分】

ゆで豚([豚バラかたまり肉1本分]豚バラかたまり肉 1本[500g]、水 2L、塩 小さじ2)、ラフテー(ゆで豚[でき上がり分より使う] 1本[約500g]、しょうがのせん切り 1かけ分、豚のゆで汁、だし汁 各2カップ、泡盛または日本酒 1カップ)、砂糖、しょうゆ

【下ごしらえ】

1. ゆで豚を作る。大鍋に豚肉、水を入れて火にかけ、煮立ったらアクを除く。塩を加えて、途中、湯が少なくなったら熱湯を足しながら約1時間ゆでる。

2. 火を消してそのままおき、粗熱をとる。豚肉を取り出し、ゆで汁をしみこませたペーパータオルで包んでラップをかけ、乾燥を防いで冷蔵保存(約4日間可能)。

3. ゆで汁はさまし、脂が白く固まったら、ペーパータオルをのせたざるでこす。だしの出たゆで汁は、スープや煮ものなどに使うとよい。

【作り方】

1. ゆで豚は5~6等分に切る。大鍋にゆで豚、豚のゆで汁、だし汁、泡盛、砂糖大さじ5、しょうゆ大さじ1~2を入れて火にかける。

2. 煮立ったらアクを除いて弱火にし、落としぶたをして約1時間煮る。

3. しょうゆ大さじ1~2を加えて、さらに約30分、時々煮汁を回しかけながら煮る。器に盛って、しょうがを添える。しょうゆは2度に分けて加えることで、塩辛くなりすぎず、また、香りも照りもよくなる。

(1人分703Kcal、塩分3.9g)

落としぶたには、煮汁をまんべんなくいきわたらせ、均一に煮る効果が。もしも落としぶたがない場合は、アルミホイルやオーブン用ペーパーを代用することも可能です。その際は中央に穴をあけ、空気が抜けるようにしてから使ってくださいね。

豚の角煮を沖縄風に♪ 泡盛でさっぱり仕上げる「ラフテー」にチャレンジ! 画像(3/2) 出汁にピーナッツバター!? 意外な組み合わせがクセになる「とろとろラフテー」もおすすめ!