この塩だれさえあれば白菜1個いけるんじゃ…!?  危険なレシピ「 白菜の塩だれサラダ」 画像(1/3) 生の白菜のみずみずしさを楽しんで

我が家の食卓にしつこいくらいに登場する「白菜の塩だれサラダ」。白菜1個いけちゃうんじゃないかというくらいの魔性っぷりなのですが、こちらのレシピに使われている塩だれ、巷にあふれるものとはちょっと違うような……? 考えに考えた結果、判明しました、その理由が。答えは「みりん」。みりんの効果で味がまろやかになり、さりげなくうまみもプラス。スルスルといくらでも食べられてしまうのです。試しにみりんを入れずに作ってみたところ、味がとがっているというか、カドがあるというか。思わぬところで日本独自の調味料・みりんのすごさを実感したO子なのでした。


白菜の塩だれサラダ

【材料】(2人分)

白菜 大1枚(約100g、塩だれ(ごま油 大さじ1、みりん、しょうゆ 各小さじ1/2、塩小さじ 1/4、粗びき黒こしょう)


【作り方】

1.白菜は食べやすい大きさにちぎる。

2.ボウルに塩だれの材料を入れて混ぜ、1を加えてあえる。器に盛り、こしょう少々をふる。

(67kcal、塩分1.0g、、調理時間5分)


白菜を選ぶ際は、先端がしっかりと巻いて閉じていて、持ってみるとずっしりしているものが良品。カットしてあるものは、切り口がみずみずしいものを選びましょう。芯が盛り上がっているもの、青いものは、カットしてから時間がたっています。

この塩だれさえあれば白菜1個いけるんじゃ…!?  危険なレシピ「 白菜の塩だれサラダ」 画像(3/3) 保存は、まるごとなら新聞紙2~3枚に包んで、冷暗所に立てて保存して。残った場合は、湿らせた新聞紙で包んで冷蔵庫へ入れると、水分が抜けにくく、鮮度が保てます