なにこのシャキシャキ…! このひとテクで味が激変「もやし炒め」

味つけは塩、こしょう、砂糖のみ。なのになぜかプロの味がする不思議なレシピがあるのです。それが、「シンプルもやし炒め」。おいしさの理由はいったい何かと考えてみたのですが、O子がふだん作っているもやし炒めとの違いといえば、直接もやしに塩をふりかけない、少量の砂糖を加えるくらい。たったこれだけの違いで味に格段の差が出てしまうんだから、料理とはおもしろいもの。ぜひみなさんも、いつもの自分流もやし炒めとの差を感じてみてください。もやしのシャキシャキ感と、奥深い味わいに驚くはずです。


■ シンプルもやし炒め

【材料】(2人分)

もやし 1袋、にんにくの薄切り 1片分、白いりごま 適量、サラダ油、塩、砂糖、こしょう


【作り方】

1.もやしは洗って水にとり、シャキッとさせて水けをきる。フライパンに油大さじ1と1/2を熱してにんにくを入れ、きつね色になったら塩小さじ1/2を鍋肌からふり入れる。

2.もやしを加えてさっと混ぜ、砂糖少々もふって強火で約30秒炒め、こしょう少々をふって器に盛り、ごまをふる。

(1人分103kcal、塩分1.5g)