暴飲暴食しがちなGW。お疲れ気味な胃腸は「納豆混ぜそば」で労わって! 画像(1/2) 大根おろしやじゃこなど、さっぱり食材で

ゴールデンウィークも折り返し。遊び疲れに加えて、食べ疲れ……という人もいるのでは? お出かけ先での外食や友だちとの家飲みなどで、ちょっと胃が重く感じているなら、今日の夕食は「納豆まぜそば」でキマリ! 大根おろしが胃もたれを解消し、消化を促進。低カロリーなメニューながら、栄養価の高い納豆でエネルギーの補給もバッチリです。楽しみにしていたゴールデンウィーク。暴飲暴食をしてしまってもいいんです。ただし、食べすぎ飲みすぎの翌日は胃腸を休めることを忘れずに!


納豆混ぜそば

【材料】(2人分)

ちりめんじゃこ 大さじ2、ひき割り納豆 2パック(約80g)、青じそのせん切り 2枚分、大根おろし 大さじ4、そば(乾麺・ゆで時間4分のもの) 160g、めんつゆ(ストレート) 1と1/2カップ


【作り方】

1.そばは熱湯で袋の表示どおりにゆでる。冷水にとって、よくもみ洗いして水けをきり、器に盛る。

2.ちりめんじゃこ、納豆、しそをのせ、大根おろしは汁けをきってのせる。めんつゆをかけ、混ぜて食べる。

(1人分413kcal、塩分3.8g、調理時間5分)